大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

合格おめでとう!

合格校
雲雀丘学園高等学校(文理探究コース)
出身校
川西市立明峰中学校
出身教室
開成教育セミナー 川西中央教室

 私は中学二年生の時に開成教育セミナーに通い始めました。受験前は朝から晩まで塾で勉強していましたが、最初はあまり勉強が好きではなかったので、通常授業の日以外で塾に行くことになると自由な時間が減ってしまい嫌だな、面倒くさいなと思っていました。
 そんな私が楽しいと思いながら受験勉強を頑張れたのは「分からないところが分かるようになるのは、こんなにもスッキリするのか。勉強はイヤイヤではなく、自ら進んでしたら面白いな。」と思えるようになったからです。そのように考えるきっかけとなったのは、塾の先生にいつも丁寧に教えていただき、友だちとお互いに励まし合いながら学んだことです。
 ただ、勉強を嫌ってきた私は分からないところをそのまま放置してきたので、勉強のエンジンが掛かった時には課題が山積みでした。私はまず、たくさん問題を解き、解説を読んでも分からないところはできるだけその日のうちに先生に質問しました。受験が迫ってきてからは、友だちと一緒に一日中自習室にこもり、得意な分野を教え合っていました。そうすることで、勉強や受験に対しての不安は徐々に減っていき、仮に不安になったとしても今までの自分たちの努力してきたことを思い出すことで、気持ちが楽になりました。
 また、シリウスの授業は普段より内容が一気に難しくなり、いつも授業についていくことに必死でした。模試では間違いの多さに涙が出てきてしまいそうになった時もありました。しかし、現状に満足せず、もっともっと頑張ろうと思うことができ、とても良い刺激になっていました。
 受験勉強は定期テストの勉強と比べて非常に長い期間、何かに追われているような気がするかもしれません。その時は一人で不安な気持ちを抱え込むのではなく、是非先生や一緒に頑張る仲間に相談してみてください。きっと勇気や力をもらえると思います。

【保護者のメッセージ】
 付箋だらけの問題集を鞄に入れる姿を見て「今日は何時まで塾にいるのかなぁ。」と送り出す日々でした。問題数をこなし、わからない問題は先生に教えてもらう。それを繰り返すことで学力と共に自信をつけ、今の自分のさらに上へ挑む姿勢が芽生えたように感じました。娘は自分で学習計画をたてていましたので、親が出来る事は何もありませんでした。この高校受験の体験は大学受験に繋がるものになったと思います。

追記
「わからない」を口に出して支えあえた教室の皆さん
「わからない」にとことん一緒に向き合ってくださった先生方
本当にありがとうございました。

ページの先頭へ