大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

合格おめでとう!

合格校
同志社大学(政策 政策)
出身校
石山高校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 大津京教室

 私は高三の春に代ゼミサテライン予備校に入塾しました。高一・高二の頃はあまり勉強をしておらず、このままでは志望校合格には程遠いと思い入塾を決めました。代ゼミに通い始める前は、勉強の効率が悪く、やる気はあるのに勉強のやり方が分からないという状態でしたが、入塾を機に自分にあった勉強を模索するようになり、一つずつ苦手を克服していくことで、効率良く受験勉強を進めることができるようになりました。
 私が勉強を進める上で大切にしていたことは、基礎の徹底と、スキマ時間をうまく活用することです。特に基礎の定着に時間をかけた教科は英語と世界史です。英語では、まずは単語帳を繰り返して覚え、問題を解いていて見つけた知らない単語は全てノートにまとめるなど、語彙力を増やすことを徹底しました。世界史では、教科書の太字や重要な語句にはマーカーを引き、赤シートで隠して読むということをしました。これを何度もしたことで、大まかな流れや基本の語句を覚えることが出来ました。また、苦手な範囲は予ゼミの授業を見返したり、一問一答を繰り返し書いて覚えることをしました。私は、一度休憩すると勉強を再開するのに時間がかかるので、スキマ時間にも単語を覚えたり、英文を音読したり、勉強し続けるように工夫しました。
 私が受験勉強でつらかった時に励まされたのは友達です。集中して勉強に取り組んでいる友達を見て、他の人はもっと頑張っているから自分も負けないように努力しようと思えました。また、おすすめの勉強法を教えてもらったり、問題を出し合うことで気付けたこともたくさんありました。そして、私にとって受験勉強の大きなモチベーションとなったのは、志望校に絶対合格したいという強い思いです。最後まで諦めなければ良い結果が出るということを、受験を通して学びました。

ページの先頭へ

同志社大学の合格体験記

  • 同志社大学(文化情報 文化情報)合格
  • 同志社大学(商 商-商学総合)合格
  • 同志社大学(グローバル・コミュニケーション グロ-中)合格
  • 同志社大学(文 英文)合格
  • 同志社大学(文 英文)合格
  • 同志社大学(商 商-商学総合)合格
  • 同志社大学(法 法律 )合格
  • 同志社大学(グローバル・コミュニケーション グロ-英)合格
  • 同志社大学 (政策 政策 )合格
  • 同志社大学(政策 政策)合格
  • 同志社大学(商 商-フレックス複合)合格
  • 同志社大学(社会 メディア)合格
  • 同志社大学(スポーツ健康科学 スポーツ健康科学)合格