大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

合格おめでとう!

合格校
同志社大学(法 法律 )
出身校
山田(大阪)高校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 山田東教室
代ゼミサテライン予備校 茨木教室

自分は一年、二年とまったく勉強をしてこなかったので、最初に何をすれば良いか分からなかったのですが、まず目指す所を決めようと思い高いモチベーションを保つために難関大学を志望校にしました。あとはそこを目指して勉強するだけだと思っていたのですが、コロナで学校も塾も行けなくなったので、家でしか勉強をすることができず、学習環境が整っていなかったのでなかなか苦労しました。それでもコロナ期間に勉強を続けることができたのはやはり志望校のおかげだと思います。志望大学に通っている自分を想像し、自分を奮い立たせていました。そして、四ヶ月ほど続いたコロナ休みをなんとか乗り切り、これで学校でも塾でも勉強できると思ったのですが、友達や学校の行事があるとやはり気が抜けてしまい、勉強が手に付かない時もありました。ですが自分は一人のクラスメートのぶれない勉強への姿勢に刺激を受け、メリハリをつけて勉強をすることができました。三年は特に付きあう友達を選ぶことをオススメします。自分が本格的に過去問に手を付けたのは十一月頃で、それまでに基礎知識やちょっとした応用問題にも対応できる学力を身に付けておきました。そこからは過去問を中心に分からないところを無くしていく消去法の作業に入りました。勉強は捉え方によっては面白いもので自分のように消去法で分からないところを減らすと考える方が、膨大な知識を学び続けると考えるより楽な気持で勉強ができます。一月までには志望大学の志望学部の合格最低点には余裕で届いていたので、その自信も合格できた一つの勝因だと思います。受験勉強は長期戦なので適度な息抜きも必要だと思って遊びに行ったりしたのも良かった点かなと思います。受験が終わるまで気を抜かずリラックスして努力し続ければ結果はついてくると思うので、新受験生にはめげずに頑張ってほしいです。

ページの先頭へ

同志社大学の合格体験記

  • 同志社大学(文化情報 文化情報)合格
  • 同志社大学(商 商-商学総合)合格
  • 同志社大学(グローバル・コミュニケーション グロ-中)合格
  • 同志社大学(政策 政策)合格
  • 同志社大学(文 英文)合格
  • 同志社大学(文 英文)合格
  • 同志社大学(商 商-商学総合)合格
  • 同志社大学(グローバル・コミュニケーション グロ-英)合格
  • 同志社大学 (政策 政策 )合格
  • 同志社大学(政策 政策)合格
  • 同志社大学(商 商-フレックス複合)合格
  • 同志社大学(社会 メディア)合格
  • 同志社大学(スポーツ健康科学 スポーツ健康科学)合格