大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

合格おめでとう!

合格校
同志社大学(スポーツ健康科学 スポーツ健康科学)
出身校
市岡高校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 天王寺教室

 僕は、高三の九月から京橋教室に通い、浪人してからは天王寺教室で一年間を過ごしました。高三の時は、映像授業を受けるばかりで、自習の時間をほとんど取れていませんでした。なので、浪人してからは時間にも余裕ができ、授業の計画と参考書を使った自習の計画を必死に考えました。すると面白いくらいに成績が上がりました。そして、勉強がとても楽しくなりました。今からどのように計画を立てたか話します。僕が一番大事にしていたのは、本番当日どうやって合格最低点を超えるかです。私立志望は模試の判定が悪くても過去問の形式に合わせた対策の方が大切だと考えていました。模試はもちろんやって終わりでは駄目で、しっかり復習はしました。しかし、大事なのは過去問で点数を取ることです。志望校を決めた人は、今すぐその大学の過去問を見るか、解いてみましょう。そして、できなかった所、わからなかった所をできるように何をすべきかを考えてみてください。ここが受験において一番大切なことだと僕は思います。何のためにこの参考書をしているのか、〇〇大学の〇〇の第〇問のためにやっているんだくらいの意識を常に持って自習に取り組みました。
 最後に受験生にメッセージを送ります。受験生活は本当に辛くて逃げたくなることが何度もあると思います。そんな時、僕は応援してくれる家族、友達、サテの方々に合格を届けたいと思い必死に努力しました。そして、合格した時は、みんなが喜んでくれて、おめでとうと言ってくれて、この二年間勉強を続けて良かったと思いました。誰かのために頑張る大切さ、これを受験を通して学べました。塾を通うこと、受験ができること、これは決して当たり前ではないので、親への感謝も忘れず、最後まで諦めずに全力で頑張ってください。
 最後まで読んでくれた君、勉強やるかやらないかで悩むな、やる一択だ。健闘を祈る。

ページの先頭へ

同志社大学の合格体験記

  • 同志社大学(文化情報 文化情報)合格
  • 同志社大学(商 商-商学総合)合格
  • 同志社大学(グローバル・コミュニケーション グロ-中)合格
  • 同志社大学(政策 政策)合格
  • 同志社大学(文 英文)合格
  • 同志社大学(文 英文)合格
  • 同志社大学(商 商-商学総合)合格
  • 同志社大学(法 法律 )合格
  • 同志社大学(グローバル・コミュニケーション グロ-英)合格
  • 同志社大学 (政策 政策 )合格
  • 同志社大学(政策 政策)合格
  • 同志社大学(商 商-フレックス複合)合格
  • 同志社大学(社会 メディア)合格