大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

合格おめでとう!

合格校
興國高等学校(スーパーアドバンスコース)
出身校
友渕中学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 都島ベルファ前教室

僕は中学3年生になってから、理科が苦手になりました。結局、三教科受験だったので、必要はありませんでしたが、当時、志望校は決めていなかったので、とても焦ったのを覚えています。このままではヤバいな、とても焦ったのを覚えています。このままではヤバいな、と思い、夏期講習で、社会を除いた、四教科をとらせていただきました。フリーステップは先生一人が生徒二人に教えるという1対2方式をとっているので、分からないところは先生にすぐにすぐに質問できるというメリットがありました。なので、僕は理科を含め、分からないところが分かるようになりました。そして9月になり、五ッ木テストと呼ばれる模擬テストを僕は受けることになりました。テストの内容はかなり難しかったものの、夏期講習のおかげで、そのテストの点数で志望校に行けるか否かの審査でA判定(一番良い)をとらせていただきました。そこで僕は今までの勉強は無駄じゃなかったと実感しました。
 9月になると、実力テストと呼ばれる志望校決めに直接関わる大事なテストを毎月受けるようになりました。僕は実力テストをほぼ毎日1~2時間ほどやりました。毎日家で自主勉するというのを今までしていなかったので、つらかったのですが、そのときの僕は、テストで良い点をとることがモチベーションだったので、テストで良い点をとるという目的があったので頑張ることができました。しかし、一月になり、実力テストがあったのですが、英語で今までの定期テストも含めた過去最低点を取ってしまいました。大事な時で過去最低点をとったので、ショックは大きかったと思います。しかし僕はこのミスを決して後ろ向きに考えず、逆にバネにし、英語を中心に徹底的に勉強し、無事合格することができました。

保護者からのメッセージ
 この一年を振り返ってみますと年初では、子供の高校受験で親ができることは何だろうとか、どういう風に子供に接したら良いかとかを自分なりに考えていましたが、結局答えもないまま、又コロナの騒動も相まって、混沌とした中でそのまま受験シーズンに突入していったように思えます。緊急事態宣言が発せられ学校がクローズし家庭に取り残された子供は、表には出さなかったですが、漠然とした不安の中にいたことだと思います。親にしても同様でしたが、このまま立ち止まるわけにはいきませんでしたから、家にいながらでも復習やテキストに取り組んでいこうと声をかけたことを覚えています。オンライン授業の体制が整ってからは、さらに学習がしやすくなったのでとても助かりました。それから生活リズムを崩さないよう早寝早起きしっかり朝ごはんという風に生活リズムを整えることに専念しました。ゲームについては息抜きにもなるのであまりヤイヤイと注意することを止め、時間が来たら電源を切るということを実行しました。本人にしたら不評でしたが、時間を無駄にしないことは伝えられたと思います。
 今振り返りますと、それぐらいのことしか私にできませんでしたが、結果志望校に受かり結果オーライといったところです。何より本人が頑張った証しだと思いとても嬉しく思いました。この受験の経験を活かしこれからの高校生活も時間を大切にして充実した生活を送ってほしいと期待しています。

ページの先頭へ