大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
履正社学園豊中中学校(3ヵ年独立コース)
出身校
箕面市立萱野東小学校
出身教室
開成ベガ 小野原教室

 ぼくは、三年生の時に小野原教室にかよい始めました。そこからの四年間いろいろなことがありましたが、その中で四教科がどうだったかをちょっとふり返ってみます。まずは算数。もともと算数はできる方だったんですが、成績をあげるのが困難で、そこからなぜ上がったかというと、いろんな猛者たちが出てきてその「負けない」という気持ちがぼくをふるい立たせたからです。そこから上がっていき、かぞえきれないほど頂天戦争をくり返しました。次は国語です。特に苦手だったのは、説明文が苦手でした。なぜ苦手だったかというと、筆者の考えがあまり分からないからです。記述とか記号があわない時は友達に教えてもらって、何とかできるようになりました。次は、理科です。苦手だったのは水溶液で、水溶液の区別がつかず、できなくてなやんでいました。その時に、弱点克服ゼミがあって、それでおぼえ方を教えてもらって克服しました。最後は社会です。これが一番苦労しました。地理はどこの国が、どこの旗でどこにあるのがぜんぜん分からなくて、毎日地球儀を見ていました。基本は、おさえていたけれど点数は悪くて、まったくだめでしたが、あるものにでくわして社会の運命が変わりました。それは、「歴史」です。マンガで覚えていたのでけっこう正確に覚えていて歴史が社会を支えていました。そんなこんなでむかえた入学試験前日、チャレンジャーの気持ちでいましたが、受かると確信して寝ました。残念ながら第一志望に落ちましたが第二志望は受かったので、これでよいと思いました。なぜなら一番苦手な社会をがんばれたし、くやしくはないので、よかったです。最後に、これまで支えてくれた人たちありがとうございました。五年生たちにメッセージです。一問一問大切にして問題をといてください。

【保護者からのメッセージ】
 小さい頃から体が弱く、何か自信を持って学校生活を送って欲しい思いから、塾に通わすことにしました。先生方の熱心で手厚い指導、お友達にも恵まれ、支えて頂いたお陰で、無事に受験を終えることができました。合格を目標に掲げ、切磋琢磨する息子の姿を間近で感じれたことが、何よりも嬉しく感じています。そして、私達も息子も、たくさん成長できたのではないかと思っています。これまで、たくさんのご指導を頂き、心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

ページの先頭へ