大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
立教大学(文 文-ドイツ文)
出身校
浦和実業学園高等学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 戸田公園教室

 私が受験勉強を始めたのは高校2年の9月でした。当時は何をすればいいのか分からず路頭に迷っていました。そんな状態だったので当然成績は上がらずモチベーションが下がり勉強しても意味ないのだと思うようになっていました。学校のテストは解けるのに模試になると全く歯が立たずこれから先の受験が不安でした。そんな時フリーステップの存在を知り、親の承諾を得て高校3年の4月に入塾しました。私が初めに目指していた大学は私立最難関でこのままでは合格する可能性は0に近いと自覚していました。ですが、塾長が他の教室の方に合格する為の戦略を聞いてくださってある一人の方が合格へのプロセスを導いてくれました。「これから先全ての時間を勉強に費やしたとしても合格できる可能性は50%だけどやるか?」と言われた時は正直迷いました。その時私はまだ部活を続けていたので部活に行かず勉強するという選択を即座にする事は出来ませんでしたが、高校受験に失敗した私はリベンジしてやろうと思い死に物狂いで勉強しました。始めは思うように成績が伸びませんでしたがチーフに教えてもらった事をやり続けた結果、成績は右肩上がりで上がり続けました。やり続けて良かったと今でも思っています。私の志望校が明確に決まったのは志望校面談の時でした。親が学校推薦という選択肢を与えてくれたおかげで目標に向かって真剣に取り組めました。周りの方々がサポートしてくれたり成績が上がった事を一緒に喜んでくれた為に自分が不自由なく受験勉強が出来たのでとても感謝しています。これから受験を迎える方々にアドバイスするとしたら、先ずは大まかでいいので目標を決めてください。これから多くの困難にぶつかると思いますが自分を信じて目標に突き進んでください。応援しています。

【保護者からのメッセージ】
 高校受験の苦い思い出と小学校低学年から始めた野球を辞めて駅伝部という未知の世界への希望に胸を膨らませて始まった息子の高校生活でしたが、残念ながらコロナ禍で思い描いていたように過ごす事は出来ませんでした。そんな中、自分の将来を真剣に考え隙間時間も勉強に励み、学校の成績はもちろんの事、外部模試でも徐々に偏差値を上げ入学当時の希望大学より遙か上の大学に合格する事が出来ました。部活でも3000SCというハードな競技で県大会に出場し文武両道を貫いた息子を誇りに思っています。大叶へ。よく頑張りました。合格おめでとう。大学生になっても気を抜くことなく励んでください。

ページの先頭へ