大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
明星(大阪)中学校(英数コース)
出身校
大阪市立諏訪小学校
出身教室
開成ベガ 深江橋教室

 ぼくは、この関西ベガ・深江橋教室に6月の半ばに入って、最初はやる気がなく、汚い家でノートに字を書いたり、授業をちゃんと聞いていなかったりした。ところが、11月の下旬の月例テストの後に、ぼくと、母と先生での三者面談があった。ぼくはその時自分の成績と、第一志望校との、偏差値と天と地ほどの差があることが分かった。
 次の日になり、ぼくはもう少しで届くと思っていた壁が改めて見直すと、頭が見えないくらいまで差があることが昨日分かった。だから、授業もちゃんと受けたり、キレイな字で字を書くことにしたし、宿題も少しずつちゃんとやっていくことで成績も少しずつではあるがちゃくちゃくと上がっていった。しかし、第一志望校である明星中学校は、とても判定が低いのだ。つまり、合格することができる確率が低いということだ。
 もう受験まで三ヶ月ちょっとを切ったある日のことだった。
「第一志望大阪国際に変える?」
と、母が突然聞いてきて、最初はビックリしたがちょっとすると納得した。大阪国際の方が、ぼくの今の点数に適していたからだ。ということで、この中学校を第一志望にした。
 でも、十二月半ばとなり、もう少しでクリスマスだが、ぼくたち受験生にはそんなひまがない。学校から帰り、ポストから明星中学校から届いたはがきが届いていた。
・「クリスマスおめでとうございます」
と書いてあったのだ。そのため、ぼくは少し明星中学校に行きたくなった。そして、このはがきがきっかけになって、明星中学校を第一志望とすることにした。それから、いろいろがんばり、先生にも、いろいろ教えてもらった。その結果、明星中学校に合格することができた。その時、たくさん教えてくれた先生、支えてくれた家族に感謝した。次の受験生にはがんばることがあたりまえだけれど大切だと覚えといてほしい。

【保護者からのメッセージ】
 中学受験を見据えて入塾を決めたのが五年生の春。折しもコロナ禍で、本格的に通塾しはじめたのは夏頃になってからでした。スタート地点でつまずいてしまい、本人もその頃はイヤイヤ通っていたと思います。けれど個人面談を経て意識が変わり、だんだん勉強に意欲的に取り組みだし、自発的に塾に通って自習をするようになりました。テストの成績も、少しずつ上がっていきました。
 それでも第一志望の学校には今一歩届かない状態が続いていました。親としては安全策を取ってほしい気持ちがあり、志望校を変更するよう勧めました。けれど最終的には本人の強い希望で、もともとの第一志望校を受験することに決めました。エンジンがかかるのは遅かったですが、決意を固めてからの頑張りは本当にすごかったです。
 合格おめでとう。何よりも、諦めなかった意志が原動力となり、実を結んだ結果です。親として大変嬉しく、誇らしく思います。

ページの先頭へ

明星(大阪)中学校の合格体験記

  • 明星(大阪)中学校(特進コース)合格
  • 明星(大阪)中学校(特進コース)合格