大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
滋賀県立東大津高等学校(普通科)
出身校
大津市立粟津中学校
出身教室
開成教育セミナー 石山教室

 受験生のみなさん。こんにちは。いよいよ本格的に勉強を取り組む時期ですが、何をしたらよいかわからない人がいるかもしれません。私もそのうちの一人でした。
 そんな中、私はみなさんに伝えたいことがあります。それは
「塾が開いている日数分、塾に通うこと」
です。友達をさそってもかまいません。私がそう考える理由は二つあります。
 一つ目は、身のまわりにある誘惑から離れることができることです。塾に行くとその誘惑はありません。そのため、勉強により集中することができます。だから、私は塾が勉強するための完璧な場所だと考える。
 二つ目は、先生や友達がいることです。例えば、私は一般選抜の入試問題の採点をするとき、記述問題を自分だけで行うことができなかった。しかし、それを先生にしてもらうと意外に当たっていたりしました。また、友達とクイズ形式で問題を解き、一人ではできない勉強方法ができたりしました。
 私は毎日塾に通って一度も困ったことはありませんでした。しかし、毎日していても成績に結びつきにくい人はいるはずです。でも問題を解いている時間こそ、成長する一歩だと思います。自分の努力を信じられるような受験日を過ごすために、今からがんばって下さい。ファイト!

【保護者からのメッセージ】
 親が勉強に口出ししないこと。いや、無理だと思います。「勉強しなさい」何度、この言葉を我慢したか。だからこそ、塾で勉強できる環境、先生の指導、友達との出会いが、とても大切でした。
 息子にとって、志望校はとても挑戦的でした。しかし、息子からは危機感を感じられず、スマホを触る様子に、苛立ちは高まるばかり。成績があがらず息子自身も拭いきれない不安感や焦燥感と闘いながら、受験という重圧に耐えていたと思います。親子ともに辛い時期を過ごしました。そんな中、塾の先生方が厳しくも優しく、指導してくださったこと、ともに受験を頑張る友達が自分の勉強時間を割いて、苦手科目を教えてくれ、モチベーションをあげてくれたことが一番の支えとなっていました。
 受験は団体戦。親子だけでは確実に乗り越えられなかった、この戦い。これを書いている今も、改めて、息子にパワーを与えてくれた皆さんに感謝しています。

ページの先頭へ

滋賀県立東大津高等学校の合格体験記

  • 滋賀県立東大津高等学校(普通科)合格