大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
近畿大学附属高等学校(進学コース)
出身校
大阪市立大和川中学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 沢之町教室

 私は中学2年生の1月ごろに、家の近くのフリーステップに入塾しました。最初、なにも目標がありませんでした。そんな中、五木の模擬テストを受け自分の実力を知りました。そして、そのテスト結果でE判定だった、近畿大学付属高校を受験することを決めました。なぜそうしたかというと高い目標を持つと、やる気が出ると思ったからです。それから受験に向け、気を付けたことは2つあります。
 1つ目は、自分の実力をつねに確認することです。たとえば、学校の定期テストや通知表、模擬テストなどです。どういった場所を見ていたかというと、できている所、できていない所両方です。自分のできることはもっと伸ばし、できていない所はできるようにすると成績が伸びます。そんな中、私が力をより入れていたのは、できることを伸ばすことです。入試では少し問題が難しくなるので、自分ができていたものもできなくなることがあり、力を入れていました。
 2つ目は、わからない所を塾の先生に聞くということです。授業の中できいている人は多くいると思いますが、私は家で先にやっていた問題を塾に聞いていました。授業内できいていると時間が足りなくなりがちだからです。そして、わからないところをきくということは、自分ができていないことがわかるということです。ではどうすれば、できない所が、できるようになったか理解するには、問題に対する自分の考えを先生に聞いてもらい、あっていれば、できたことになると思います。
 以上2つの気を付け行ってきたことを書いてきましたが1番は努力です。ですが、他の人も同じく努力していると思います。だからこそ、今の自分の実力を理解し、周りをおいぬいてみてください。つまずいても、わからないがわかったと思い、2つ目に述べたことを考えながら勉強してみてください。日々の努力はあなたのものとなり返ってきます。

ページの先頭へ