大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
同志社女子大学(現代社会 社会システム)
出身校
桃山学院高等学校
出身教室
開成ハイスクール 西田辺本部教室

 「大学受験は失敗したくない。」そう思ったのは、高校入試の合格発表の日でした。この思いを叶えるためには塾に行き続ける必要があると思い、開成ハイスクールに進級することを決めました。
 高校1年生の頃に指定校推薦という入試制度を知り、その制度を利用して大学に入学したいと思い、日々の定期テストを頑張っていました。塾ではテスト対策、質問対応が充実していて、分からないところをすぐに聞け、丁寧に解説してもらえる点が魅力的でした。そのおかげで、内申点をほぼオール5に維持できたと思います。
 また、中学生の頃から英語が苦手でしたが塾の授業を受け、違った角度から教えてもらい少しずつ興味を持つことができ、英語の苦手を克服しました。しかし、なかなか思うように英語の成績は上がりませんでした。先生方とどのように勉強すれば良いか、悩んでいることを全て正直に話し合うことができ不安がなくなり、自分に合った勉強法を見つけることができました。電車の通学時間など空いている時間は単語を見ることや、前日に明日やるべきことを計画することを身につけていました。3年生の夏休みには毎日英語を中心に12時間勉強するというような辛い思いをしましたが、夏休み明けには偏差値が10ほど上がり達成感を味わうことができました。そして9月に指定校推薦の内定枠をもらったときは、今まで努力してきてよかったと思えました。
 私は受験を通して、日々の努力の大切さと周囲の支えの有り難さを感じました。親身になって支え続けてくださった先生方。一緒に目標に向かって頑張り、励まし合える友達。そして毎日、お弁当を作ってくれたり遅くまで私の帰りを待っていてくれたり、サポートしてくれた家族。周囲の支えがあったから、私の今があると思います。本当にありがとうございました。

【保護者からのメッセージ】
 指定校推薦の受験を視野に入れ、高校での定期テストに重点を置いて勉強していました。
受験では中学受験、高校受験と二度も失敗していたので親としても指定校推薦での受験を望みました。桃山学院高校の指定校推薦は少し特殊な感じでしたが無事推薦が決まり本当にほっとしました。
 学校→塾へとほぼ毎日と言える程通い続け本人の努力の賜物ですが、その努力に付き合い続けてくださった先生方の熱心さ、的確なアドバイスのおかげだと思います。
 勉強の指導だけでなく、本人の性格も考えてくださり、今まで見守ってくださった事に感謝しております。本当にありがとうございました。

ページの先頭へ

同志社女子大学の合格体験記

  • 同志社女子大学(学芸 メディア創造)合格
  • 同志社女子大学(現代社会 社会システム)合格