大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
同志社大学(社会 教育文化)
出身校
大阪府立箕面高等学校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 茨木教室

 私が本格的に受験勉強を始めたのは、高2の2月頃でした。最初はとにかく基礎固めが大事です。まずは英単語を中心に、英文法、古文単語などのインプット中心の勉強を進めていました。同時に日本史の受講など、サテラインの授業も少しずつ進めていました。
 夏休み明け?秋の頃は、模試の結果が返ってくる度全くといっていいほど伸びない日本史に本当に心が折れそうでした。その上、周りの人達は伸び始める時期。焦りと不安で、どうしたらよいのか分からなくなりました。正直、塾に行くのが苦痛だと思ったことは数えきれないほどです。そのような時期に心の支えになったのは、友達の存在でした。友達も頑張っているから自分も頑張ろうと思えたし、友達と一緒に話しながら帰ることが、受験期の楽しみの1つでした。
 入試が近づいてくると、本格的に過去問を解き始めました。過去問を解いて1番に思ったことは、最初の頃からコツコツと基礎固めをしてきて良かったということです。基礎は本当に大切です。そして、数をこなして受験校の傾向を掴むことも大切ですが、何より復習が重要です。どうしても数にこだわってしまう気持ちは分かりますが、1度自分が間違えてしまったことを2度と間違えないように丁寧に復習することです。
 受験生は嬉しいことより辛いことのほうが圧倒的に多いです。私自身も辛いことをたくさん経験しました。でも、そのような中第1志望の大学に合格できたのは、いつも優しくそして真摯に向き合ってくださったフェローの方々、いつも見守ってくれた両親のおかげです。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

【保護者からのメッセージ】
 自分の学力に絶対の自信を持っている受験生はどれぐらいいるのでしょうか。いくら勉強しても、いくら模試を受けても、自分の学力が志望大学の合格レベルに達しているかどうか自信が持てず、不安で一杯の受験生が多いのではないでしょうか。
 不安の中、長く受験勉強を続けていると、時には自分は受験に失敗するのではないだろうかと臆病になり、行きたい(志望)大学から合格できる大学へと進路を変更したい気持ちが出てきたこともあったでしょう。しかし、志望大学に最後までチャレンジし、見事に合格できましたね。おめでとう。
 これから、どんな目標を持ち、どんな未来を描いていくのかは分からないけれど、1つの事にひるむことなくチャレンジし、乗り越えたという経験は、これからの人生の大きな自信に、そして自分で自分を支える力になるでしょう。

ページの先頭へ

同志社大学の合格体験記

  • 同志社大学(文 文化史)合格
  • 同志社大学(経済 経済)合格
  • 同志社大学(生命医科学 医工)合格
  • 同志社大学(グローバル地域文化 地域文化-アメリカ)合格
  • 同志社大学(心理 心理)合格
  • 同志社大学(文 英文)合格
  • 同志社大学(心理 心理)合格
  • 同志社大学(グローバル・コミュニケーション グロ-中)合格
  • 同志社大学(商 商-商学総合)合格
  • 同志社大学(文化情報 文化情報)合格
  • 同志社大学(スポーツ健康科学 スポーツ健康科学)合格
  • 同志社大学(商 商-商学総合)合格
  • 同志社大学(心理 心理)合格
  • 同志社大学(生命医科学 医情報)合格
  • 同志社大学(生命医科学 医情報)合格
  • 同志社大学(理工 機械システム工)合格
  • 同志社大学(スポーツ健康科学 スポーツ健康科学)合格
  • 同志社大学(文 美学芸術)合格
  • 同志社大学(政策 政策)合格
  • 同志社大学(理工 機械理工)合格