大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
鳥取大学(農 生命環境農)
出身校
兵庫県立加古川北高等学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 加古川教室
代ゼミサテライン予備校 加古川教室

 私は中学3年からフリーステップに通い始め、代ゼミを始めたのは高校2年の夏頃でした。
 1年の時、漠然と国公立大学に進学したいなと思ったことをきっかけに大学について調べ始め、2年の秋頃に志望校を鳥取大学に決めました。しかし、当時の私の成績では第1志望には到底及ばず、3年の9月時点での模試の結果はE判定で、鳥取大学合格はもう無理かもしれないと思いました。また私の通っていた高校から国立大学に進学する人は成績上位の数名のみという印象があったこともあり、ますます心が折れそうになりました。そんな時、学校の先生が「しんどいのは自分だけじゃない。周りの人達も皆しんどい。」と言葉をかけて下さり、自分だけが苦しい思いをしている訳ではないんだと気づき、気持ちが楽になりました。この言葉を聞いてからは皆も頑張ってるから自分も一緒に頑張ろうという気持ちになり、前向きに受験勉強に取り組むよう心がけました。この時期は苦手な英語に時間を割き、長文問題では知らない単語はすべて単語帳で調べ、復習時に何度も音読していました。また映像授業をもう1度見習したり、新しく古典の映像授業を受講したりなどして苦手分野を克服していく内に徐々に自信が持てるようになりました。冬休みは1日9時間ほど学習時間を取り、本番を意識して実践問題をこなしました。冬休み明けには、以前よりも実力が伸びているなという実感があり、自信を持って本番に挑むことができたと思います。
 こうして私が第1志望校に合格できたのは、熱意ある言葉をかけて下さった先生や共に戦った皆、勉強だけに集中できる環境を作ってくれた家族など、様々な人の支えがあったからです。これから受験を控える皆さん、辛いことも色々あるとは思いますが、たくさんの人に応援してもらいながら志望校合格に向けて頑張って下さい。

ページの先頭へ

鳥取大学の合格体験記

  • 鳥取大学(農 生命環境農)合格
  • 鳥取大学(地域 地域 国際地域文化コース)合格