大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
神戸大学(海洋政策科学)
出身校
滋賀県立彦根東高等学校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 彦根教室

 私が本格的に受験勉強をはじめたのは夏休みに入ってからでした。私の所属していた部活は他の部活と比べて引退するのが遅く、周りが勉強している時も部活をしていたので、受験勉強を始めた時には焦りの気持ちが強かったと思います。そこで私は夏休みの期間で国語・数学・英語の基礎を完璧にしようと思いました。なぜなら、この3科目は僕の第一志望の大学の二次試験でも必須であることと、長い時期をかけないと成績を伸ばしづらいと思ったからです。また、学習の際に気をつけたことは、受講の復習をわかるまですること、同じ参考書の問題を何回も解くことです。復習に関しては、自分の解けなかった問題に対して、次に類似問題に遭遇した時に、どのようにアプローチしていくか考えてノートにメモしていました。同じ参考書の問題を何回も解くことに関しては、時間を空けると以前解けた問題が解けなくなることもあるし、繰り返し解くことでその問題のポイントを掴めると思うので、とてもおすすめです。
 また、僕が第一志望の大学に合格できた要因としてチーフやフェローの方々の存在が大きかったと思います。なぜなら、自分のわからない問題も、チーフやフェローの方々に尋ねると大抵解決したし、成績が伸び悩んだり、勉強に行き詰まった時にチーフやフェローと話すことで前向きになれたからです。
 受験は自分と戦うことがとても大切だと思います。けれど、あまり自分だけで解決しようとすると、うまく行かないことが多かったり、途中で諦めてしまうこともあると思います。なので、僕は自分の近くに信頼できる人がいる代ゼミサテラインを選んでとてもよかったと思います。受験を悔いなく終えられたら、きっとよい成功談になり、自信もつくと思うので最後まで諦めずがんばってください。

【保護者からのメッセージ】
 部活動との両立を視野に入塾を決め、中学3年生の夏から、お世話になりました。
 「文武両道」を掲げる高校に進学したいのならば、「野球」と「勉強」は両翼。どちらが疎かになっても飛行できない。不安定な学生生活を送ることのないよう、先生方に手助けを求めた次第です。その思いに寄り添い、学習提案して下さいました。練習を終え、塾に立ち寄り帰宅。寝に帰るだけの子供部屋。部屋を勉強部屋にする事は難しく、限られた時間を活かす為のスイッチは重要でした。自宅はオフ、学校はオン。代ゼミの映像授業は苦手科目の予習、復習になり、補う教科が現れたら、先生方は的確に察して科目変更しサポートして下さいました。こうして、最後の夏まで「全力投球」できました。受験生となっても、入試までの道のりは、早くから、学習カリキュラムを組んでいただいていたので、すんなりと受験勉強に向き合えました。模試で成果が得られず、ドキドキの出願でしたが、第一志望校に合格することが出来ました。学校での最終面談で、文系の息子にとって、数学の加点は強みになるかも、と、話がありました。これは、苦手な数学を入塾から取り組んでいただいたおかげです。力を引き出して頂き、有り難うございます。
 ご支援いただき、心より御礼を申し上げます。

ページの先頭へ

神戸大学の合格体験記

  • 神戸大学(経済 経済)合格
  • 神戸大学(工 建築)合格