大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
淑徳大学(人文 歴史)
出身校
浦和実業学園高等学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 北浦和教室

 僕が受験を終えて、改めて重要だと感じたことが3つあります。
 1つ目は、早いうちから少しでも過去の単元の復習を習慣化しておくことです。これは本当に数多くの先輩達が口を揃えて言っていますが、今回の受験でも、これを痛感することになりました。受験が始まる前からも何度か言われていたことでしたが、自分自身は塾に入るまで出来ていなかったので今でも後悔しています。
 2つ目は、根を詰め過ぎないようにすることです。これもほとんどの人達に共通していることではありますが、受験勉強はただでたらめにやれば良いものではありません。前述した通り、復習が非常に重要なものになってきます。しかし、それに熱が入り過ぎて休憩をとらない、ということも本末転倒です。元より危機感を持たずダラダラ過ごすのは一番駄目な例ですが、休みを入れないのも大概です。僕自身も熱が入り過ぎたせいで睡眠時間を確保出来ず、寝不足がたたって模試で失敗してしまいました。これは本当に苦い思い出なので、どうか僕の後に大学を受験する皆が同じ過ちを繰り返さないことを切に祈っています。
 3つ目は、最後まで諦めないことです。これも僕の経験から言えるのですが、1月の共通テストが終わった当初、僕の志望校への合格率はどれも悲惨でした。親や先生からも当然良い言葉は貰えず、僕自身もこの結果に激しくショックを受けました。それでも、何とか己を奮い立たせ、2、3週間ひたすら勉強する箇所を苦手な単元に絞って勉強した結果、見事第1志望の大学に合格することが出来ました。
 最後に、これら3つのことを通して伝えたいことは受験勉強は己との戦いであるということです。僕の後に大学を受験する皆が、後悔せず受験を終えられることを心から願っています。

【保護者からのメッセージ】
 夏休みがはじまる7月下旬、全くやる気が出ない息子の代わりに相談に訪れた日を今でも忘れることができません。あの時、行っていなかったら…。受験のノウハウもわからない私たち親子のために、毎回嫌な顔をせず対応していただき大変感謝しております。本番前の最終模試で全てE判定をくらった私たちは絶望しかありませんでした。それでも根気強くご指導いただいたおかげで見事合格を勝ちとることができました。これから受験を控える方々に「最後まであきらめず、立ち向かってください。」と送りたいです。

ページの先頭へ