大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・神奈川・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

中学受験合格体験記

名前
合格校
関西大学第一中学校
出身校
川西市立川西小学校

私の合格ストーリー

 私が開成ベガに入ったのは、四年生の春でした。正直算数の得点がとれませんでした。でも、六年生の春、入試まであと一年になったとき、「本当に本気を出さないといけない」と自分でも強く思いました。吉野先生は、日々日頃、一つ一つの事に“誠実”に取り組みなさい、とおっしゃっていました。夏前までは誠実とは何かをあまり理解していませんでした。ですが夏期講習に入り皆本気を出して不安になってきた頃に、問題一問一問に対して誠実に向き合うという意味が分かりました。急いで取り組んでいい加減に終わらすのではなく、一問一問に全力を注ぎ、ベストをつくすという意味だと分かりました。それから夏期講習の間、分かる問題にも分からない問題にも誠実に取り組みました。そして入試実戦が始まり、難関校の問題に出会うこともありましたが、夏期講習の成果が出て苦手な算数でも点数をとることができました。
 そして、私が一番迷ったことは志望校選びです。私は関西大学第一中学校ともう一つ考えている中学校がありました。焦りと不安で志望校をなかなか決めることができず困っていた時、四年生の頃からずっとお世話になっていた笹山先生に、「虹日は絶対関大一中に行った方が良い!」と言っていただき、関大一中に決めることができました。
 とうとう中学入試当日。緊張してお腹をこわしたり色々なハプニングがありましたが、教室に入ると緊張も解け自然な気持ちで落ち着いて問題に取り組むことができました。翌日の夜も体調をこわすなど色々ありましたが、無事志望校に合格することができ、本当に良かったと思います。あの時の感動は忘れません。
 私が一番大事だと思った期間は「夏期講習」と「一週間前」だと思いました。その期間にどれだけ問題の数をこなして自分を追いこめるかがとても重要だと思います。
 ここまで来れたのは、先生方、家族のおかげです。本当にありがとうございました。

【保護者からのメッセージ】
 二歳年上の姉に続き二度目の中学受験でした。姉の時は何もわからない初めての挑戦で、良かれと思いこちらの気持ちを過剰に伝えすぎてしまい娘に負担をかけることになったので、今回は子どもの考えを尊重することを念頭に置いて受験に臨みました。
 お世話になった先生方は、娘の性格をよく理解してくださっていたので、苦手だった算数は解ける楽しみを感じることができ、好きな国語はますます大好きになり成長することができました。何より受験や勉強のことだけでなく、将来のビジョンについてや、いま社会で起こっている時事問題のこと、先生方の経験談を聞くことが娘にとって糧となったのではないかと思います。
 勉強のみならず精神面でも支えてくださった先生方、一緒に頑張ってきたお友達、本当にありがとうございました。
 虹日 合格おめでとう。
 受験をすると決めたあなたの意志は強かった!途中辛かったこともたくさんあったけれど、歯を食いしばって努力し続けた姿はとても立派です。中学校生活、楽しいことがたくさん待っているよ。これからも応援しています。

合格者インタビュー