大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・神奈川・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
甲南中学校(フロントランナーコース)
出身校
尼崎市立潮小学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ JR尼崎教室

 僕は小学4年生のときに、中学受験をしたいと思うようになり、塾に通いだしました。初めのころは勉強し続けることに抵抗を感じつらいと思うことが度々ありました。これを克服するために、まずは自習をすることを決めました。朝1時間、夜3時間自習することからはじめ、小学5年生になったタイミングで少しずつ時間を増やし、最終的には1日13時間まで勉強することができるようになりました。
 僕がここまで頑張ることができたのは、志望校に何が何でも受かりたいという思いが強かったのと、親や先生たちに支えてもらったからです。先生方には勉強の質を上げる方法や、ノートの書き方などを教えてもらいました。また、親には、勉強面ではなく生活面で、消化によい食事をつくってもらったり家でも集中して勉強できるようにしたりしてもらいました。何より、「志望校に受かりたい」という思いと、「あきらめない気持ち」が大切だったと感じています。受験当日はきんちょうしましたが、先生たちからの応援メッセージなどのおかげで最後まで頑張ることができました。志願した学校を受け、無事合格することができました。そして、中学校では勉強と部活を両立して頑張っていきたいです。


【保護者からのメッセージ】
息子が自身で受験校を決めましたが、どのように、何を、どれくらい勉強すればいいのかわからない状態でした。なんとなく勉強していたら、塾に通っていたら合格するのではないかと思っている息子が、小学校5年になろうとする春、フリーステップのチーフに、「授業で9月までにここまで進まないと受験ができない」と3者面談で伝えられてから、子どもの意識が変化していくことを感じました。ただ、子どものことなのでモチベーションの上下は大きく、なかなか行動に落とし込めず、成果はなかなかついてこないどころか、成績はやや下がっていきました。模試の判定がDになった時、親子ともに絶望的な気持ちになり、受験をやめようかと息子に相談したのですが「いや、頑張る」と言うので続けさせていました。冬休みが明けて、受験直前になった時、チーフ、講師の皆さんから息子へメッセージカードを頂きました。息子は「これを読んだら泣いてしまうから、受験終わってから読む」と言っているのを聞いて、受験の合格、不合格に関わらず子どもの人生にとって大きな経験になったんだなと感じ、嬉しい気持ちになりました。フリーステップの先生方には本当にお世話になり、子どもの成長に関わって頂いたことに、感謝しております。

ページの先頭へ