大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・神奈川・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

中学受験合格体験記

名前
合格校
同志社香里中学校
出身校
大阪市立南恩加島小学校

私の合格ストーリー

 私が塾に通うようになって一番始めに自分が苦手だと感じた教科は算数です。私は四年生の途中から入塾したのですぐについていけるわけでもなく、少しだけ理解したと自分で思ったらその問題は「後で最後まで理解すればいい。」と考えて後回しにしていました。五年生になってから組分けテストで得意な国語はけっこう点が取れているのに、算数はあまり点が伸びずに半分も取れませんでした。しかし、私が漢字検定を受けるため組分けテストを午前中に受けることがありました。朝で、目が覚めていたということもあり、自分が思っているよりも、問題が解けたので、もしかしたらかなり良い点が取れるかもしれないと密かに思っていました。
 そして、そのテストの結果を見たら、算数が半分以上取れていて、私は少しだけ算数が好きになれました。それがきっかけで、算数に少しずつ自信が持てるようになり、解き直しをしっかりしたり、計算プリントをがんばったりしたこともあって、最終目標である第一志望校の受験でも合格することができました。合格がわかったときはうれしすぎて数回とびはねて、努力することはとても大切なことだなと改めて実感しました。
 私が中学受験で受かってから、思ったことは、やっぱり苦手な教科はどうしても自分からやろうとは思いにくいと思います。だから何か小さなきっかけで急にやる気がでたり成績が上がるので、挑戦すること努力することを怠らないようにすれば目標は達成するのじゃないかなということです。

【保護者からのメッセージ】
 四年生の秋頃入塾しました。最初は授業についていくのが精一杯な日々でした。志望校が決定する六年の夏頃までは「今よりも上のコースに行く事」を目標に毎日コツコツ頑張っていました。入塾して良かった点は、第一志望校に合格出来た事が一番ですが、苦手な算数が今では得意になった事、自分で学習の計画を立て進められるようになった事もこの二年半で大きく成長したと思います。最後まで熱心に指導して下さった先生方、本当にありがとうございました。

合格者インタビュー