大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・神奈川・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

中学受験合格体験記

名前
合格校
龍谷大学付属平安中学校(一貫選抜コース)
出身校
京都市立仁和小学校

私の合格ストーリー

 私は、中学入試を終えて、最初に、支えてくれて感謝している人たちがいます。
 まず、母は、母の仕事で忙しい中、家族のために行動してくれたり、私が受験勉強をする上で必要なことを教えてくれました。
 次に、姉は、自分が勉強で分からない所を最後まで、しっかりと教えてくれました。
 そして、先生方やチーフは、私が理解してくれるまで教えてくれたり、合格するために最善をつくしてくれました。しかも、楽しく授業を受けることもできました。
 次に、私が苦手な科目である算数や国語にある作文を克服するために、自分が出来る方法が自分なりに2つあります。
 1つ目は、先生のコメントや言ったことを覚える、もしくは、メモをとることです。そうすることで、ミスをした所がもう一度することも少なくなります。
 2つ目は、難しい問題がある時は、単元ごとの基そを思い返してみることです。
 そうすることで、どうしたら解けるのか、考え直したり、支店を変えることが出来ます。
 最後に、中学校に入学してから、がんばっていきたいことが2つあります。
 1つ目は、友達づくりをしていくことです。なぜなら、小学校で一緒だった人がいないので、人見知りの人が多いからです。なので、人と関わって、コミュニケーション能力も身に付けていきたいと考えました。
 2つ目は、成績を上げていくことです。なぜなら、私が行く私立中学校は、成績に応じてはらう授業料の量が変わっていくので、しっかりと上位に入り続けて、母の負担をなくそうと思ったからです。さらに、行きたい志望校にもえいきょうしてくるからです。
 受験勉強を通して、私は、今後の高校・大学受験でも、家族や先生方に教えてもらったことを生かしていきたいです。

【保護者からのメッセージ】
 わが子が、中学受験を意識したのは、小学5年生。
 「受験したい。」「塾へ行きたい。」と希望したのもわが子からでした。
 子供が自分で決めた事であれば全力でサポートをして、陰ながら見守っていこうと決意し、小学校5年生からフリーステップへ入塾を決めました。
 親として、当初は謙虚で見守っていこうという気持ちがあったのですが、徐々に欲が出て来て、我が子が勉強していない時間を見た時、模擬試験の結果が伸び悩んでいた時、つまずいている問題が多かった塾のテキストを見た時等、不安感が強くなり、我が子に小言を言ってしまうことが日に日に多くなってきました。
 そんな不安になった時、相談に乗ってもらえたのは、フリーステップの先生方でした。
 面談を設定して頂き、家での情報や塾での情報の情報交換をすることで、親の知らないわが子の情報が知れることに大きな安心感と希望が持てることができました。
 親として、安心感を持つと、小言から、プラス思考な言葉がけに変化し、「受験当日まで、まだわからない。諦めずに頑張ろう。」「間違った問題があるということは、わからない問題がある事に気付けけたんよ。ラッキー。」とわが子に声掛けができるようになりました。
 中学受験は、小学生が受験する。当たり前のことですが、まだまだ未熟な年齢の子どもがプレッシャーの中に飛び込んでいきます。今回、親として実感できたのは、子供を支えるのは親だけではないという事。フリーステップの先生方をはじめ、周りの人達に支えて頂いて子供や、親が成長できた良い結果に繋がったと思いました。
 中学受験という小学生にとって大舞台ですが、結果はどうであれ、努力を積み重ねた時間は、きっと親子にとってこれからの人生の糧になると思います。

合格者インタビュー