大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・神奈川・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
帝塚山学院泉ヶ丘中学校(Ⅱ類選抜コース)
出身校
追手門学院小学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 富田林教室

 塾に通うようになって、どの教科も以前よりできるようになりました。夏休みなども毎日、塾に通い、もう一つの塾では1日に12時間も勉強をしていました。その中で私はフリーステップともう一つの塾を両立して、夏休みには算数の小問集合を何ページも解いていました。夏休みは毎日いままで味わったことのないくらいつらかったです。
 夏休みもあっという間に終わり、秋になりました。秋になるとプレテストなどがどの学校でも始まっていきました。第一志望校のプレ当日、テスト会場に入るとそこはすごく静かで緊張感がとても伝わってきました。国語ではテストが終わる1分前くらいに記号で答えるものが空欄だったのであせりましたが、一応テストが終了する前に適当に答えを書いておいたので少し安心しました。
 プレの結果はその何日か後に返ってきて、国語は8割以上、算数は6割以上をとれていて社会などは思い通りにいかなくて判定は最悪でした。でも、そこでフリーステップの先生方がはげましてくれたりして勇気がでました。
 冬休みにも夏休みと同じような日々を過ごしました。しかし冬休みは夏休みと違い、社会を重視していました。すると社会の成績がどんどん上がっていきました。
 そしてむかえた入試本番。私はこの試験で自分の人生が決まるようなものだと思いテストにのぞみました。
 入試の結果発表。私はドキドキしながらお母さんとけいたいで合格発表を見ました。なんとか1日目の一次と二次の両方を真ん中のコースで受かっていたので安心しました。
 私の本命は一番上のコースだったので悔しかったですが、次は入学してからの定期テストなどでがんばって一番上のコースに上がれるようにがんばります。

【保護者からのメッセージ】
 中学受験本番までの時間は、振り返るとあっという間だったような気がします。勉強の出来不出来に一喜一憂し、偏差値を気にしながらの毎日でした。学校選びの際、何が大切なのかは自分自身、一番自問自答したところでした。受験勉強を頑張っている我が子に満足のいく結果をというのもありました。ただ、学校見学に行って校長先生の話もお聞きし、子供にとって一番良いのは、偏差値で選ぶ学校ではなく、子供にあった学校、子供をしっかり人間として成長させてくれる学校、毎日楽しく学校生活を送れるであろう学校なんだと考えるようになりました。そんな時、フリーステップの先生からのアドバイスをいただき受験校を決めることができました。最後の最後までこの決断が正しいのか悩みましたが今、入学が決まり心から喜んでおります。親子共に苦しい日々でしたが、今は貴重な経験であり、中学受験をして良かったと思います。

ページの先頭へ