大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・神奈川・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

中学受験合格体験記

名前
合格校
埼玉栄中学校(難関大クラス)
出身校
板橋区立志村坂下小学校

私の合格ストーリー

 私が受験勉強を始めたのは、6年生の4月ごろからです。始めたころは、テキストの問題は簡単にとけたので、全く危機感は感じませんでした。しかし、4月の初めての模試の結果を見て、このままではだめなのだと気付きました。その日から一気に1日の勉強量を増やし、問題の質問も積極的にするようになりました。正直、最初はつらかったです。こんなつらいことをして、結果が出なかったら無駄だろうとも思いました。しかし、毎日教室に通い、授業を受けたり自習をしたりする内に、チーフをはじめ先生方の熱意が強く伝わってきて、自分の受験勉強は、何人もの人に支えられていることを知りました。そのころから、勉強がいやになっても自分を支えてくれている多くの人たちのことを考えるだけで努力をできるようになり、少しずつ結果が出るようになり、だんだん勉強が好きになっていきました。今思えば、それはチーフや先生方の解説が分かりやすかったからだと思います。それだけでなく、先生方は私にはげましの言葉をくださり、それは自信にもなっていきました。これも、私の大きな力になりました。今でも感謝しています。
 私は2科目受験で、算数が圧倒的に苦手でした。しかし、面談で相談をすると、ていねいに勉強法を教えてくださり、そのやり方でやってみると、どんどん算数の成績がのび、ついには国語と大差ないレベルにまでなりました。すごくうれしかったです。
 人間は、1人では何もできません。他の人と助け合うことで、初めてできるようになります。受験も同じです。試験問題という大きな敵に、1人で立ち向かうように見えても、裏にはいままで支えてくれたたくさんの人たちがついています。もし思うように結果が出なくても、いままでの努力は決して無駄ではありません。ありきたりの言葉ですが、私はこの言葉を胸にこれからも進んでいきたいと思います。

【保護者からのメッセージ】
 息子は塾に行き始めてから、わかる、という事の楽しさを知り、自信がついたようでした。受験勉強が進むにつれて、焦りや不安、葛藤もあったと思いますが、元気に塾に出掛け、土砂降りの雨の日も、自習で遅くなった日も、明るく帰宅しました。たくましくなりましたし、そのような居場所づくりをしてくださった先生方にとても感謝しています。
 結果的にこの受験では、喜びも、悔しさも、切なさも味わいました。けれど、考えながら努力する姿、何か起きた時、気持ちに整理をつけて前に進んでいく姿、たくさんの人からの励ましを受けて頑張る息子の姿を確認できたことが何よりの喜びです。
 6年生からの受験でしたが、目標にたどり着くよう計画し、どんな時もそばに寄り添い、包み込むようなエールを送り続けてくれたフリーステップのチーフ、そして先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

合格者インタビュー