大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・神奈川・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

大学受験合格体験記

名前
合格校
神戸市外国語大学(外国語 中国)
出身校
大阪府立富田林高等学校

私の合格ストーリー

 入塾したのは2年生の1月からでした。当時は受験制度をほとんど知らず、とりあえず勉強時間を増やせば受験には受かるものだと安直な考えで勉強していました。そのせいもあってか、自分が1年後に志望校を受験できるレベルに達している未来など考えられませんでした。しかし、チーフやフェローの皆さんにオリジナルの勉強法をアドバイスして頂いたおかげで、自分のペースに合わせて勉強法をかえて嫌になることなく勉強することができました。ここまで私が頑張れたのは、毎日欠かさず塾の自習室を利用したからだと思います。塾に来るとフェローさんから励ましの言葉をもらえるし、何より、自習室が最適な空間だったからです。自習室に行く度、周りの人が机に向かって何時間も勉強している姿を見て、自分もやらなきゃ、負けてられないと後押しされました。継続して塾に来るだけでも効果はあります。
 受験という大きな壁に立ち向かうにあたって、大切なことが2つあります。1つ目は、自分自身と向き合って、そして認めることです。辛くなった時は周りからの励ましも大事ですが、弱い自分も努力している自分も知っているのは自分しかいないので、自分で自分を褒めてあげるのが最も効果的です。2つ目は、周りの人に頼るということです。窮地に陥ったり、スランプ状態が続くと自分は孤独だと感じてしまいます。それは、周りの人と自分を無意識のうちに比べているからです。しかし、第三者からのアドバイスを素直に取り入れると、しだいに気持ちが楽になってきます。実際、私も面談の度に話をたくさん聞いてもらい、助けてもらいました。
 今これを見ている受験生は、自分のペースで自分に合った勉強法を探してみて下さい。また、不安になった時はいつでも頼りになるチーフやフェローに頼って下さい。応援しています。改めて受験という大イベントを支えて下さり、本当にありがとうございました。

【保護者からのメッセージ】
 自分が高校生の頃とは受験方式が全く変わっていてどうすればよいか不安でしたが、塾にアドバイスしていただき、受験校、受験回数・日程を決定しました。11月の学校推薦型選抜から2月の国公立前期試験まで長期に渡る受験でした。11月の入試で私大に合格できたことは、年明けの入試を受験するにあたり精神面で大きくプラスに働きました。
 親にできることといえば体調管理です。食事や睡眠はもちろんですが、入試直前は本人は精神的に追い込まれるので本人の気持ちを受けとめてあげることも大事だと思いました。受験と、コロナやインフルエンザのワクチン接種との日程調整にも頭を悩ませました。
 思うようにいかず苦しんでいる姿を見るとこんな苦労はさせなくてもよかったのではないかと思うこともありましたが、大学受験を通して、子どもは壁を乗り越え成長したと感じています。子どもの力と先生方の指導を信じて良かったです。

合格者インタビュー