大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・神奈川・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
関西外国語大学(外国語 英米語)
出身校
甲南女子高等学校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 西宮北口教室

 受験期を終えて私が1番に思う大切なことは「計画性」です。私は高校2年生の夏になっても受験生としての自覚がなく何も考えずにダラダラと勉強をしていました。周りはオープンキャンパスに行ったり塾の講習会に参加したりと志望校を決め始めていたにも関わらず焦りが全くありませんでした。しかし、高校3年生になる前に代ゼミサテラインに入塾して先生との面談を重ねる毎に計画を立てることの大切さに気付きました。計画を立てることによって今自分が何をすべきか、自分の弱点をどのように克服するかなど対策を見つけることができました。入試当日までを逆算して計画を立てることがなによりも大切だと思います。
 志望校の決め手となったのはオープンキャンパスです。実際に大学まで足を運んで大学でどのようなことを学びたいか何を学べるかを主に考えて志望校を決めました。志望校を決めたのが高校3年生の春だった上に公募推薦での受験を考えていたのであまり時間が無いと実感し、当時は焦りが出ていました。部活と勉強の両立に苦戦しながらも英文法や単語を出来ていなかったところを中心にやり直し、文法問題集や単語帳を学校までの通学時間や休み時間も使って何度も繰り返し解きました。夏休みに入る頃には英語の成績も伸び、自分の語彙力・読解力も向上し嫌々やっていた受験勉強が楽しいと思うようにもなりました。受験勉強は嫌々やるというよりも将来自分がしたいことを出来るために今頑張らなきゃという意気込みでモチベーションを保ちながら継続することが大事だと思います。
 合格通知を貰った時は周りの方々への感謝の気持ちでいっぱいでした。受験生の自覚を持たないまま受験期に突入し切り替えるタイミングが無かったら合格することが出来なかったと思います。受験期間中ずっと支えてくれた両親、一緒に計画を立てて下さった先生方ありがとうございました。

ページの先頭へ

関西外国語大学の合格体験記

  • 関西外国語大学(外国語 スペイン語)合格
  • 関西外国語大学(外国語 英米語)合格
  • 関西外国語大学(英語国際 英語国際)合格