大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・神奈川・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

高校受験合格体験記

名前
合格校
浪速高等学校(Ⅰ類コース)
出身校
大阪市立南港北中学校

私の合格ストーリー

 私は、開成教育セミナーに小学三年生から中学校卒業まで約七年間通っていたのでものすごく親近感が今はあります。
 私は中学一、二年はだらけていて定期テスト前だけ勉強し、復習はほぼしていませんでした。しかし、三年生になってから入試ということに現実味を感じていき本格的に勉強を始めていきました。でも今振り返ってみると入試の三カ月前が一番勉強していたという事に気付きました。そして高校の進路は、行きたいコースは少し難しく、その下のコースにはギリギリひっかかるだろうと塾と学校の先生に言われ、その事がくやしく、諦めずに、冬休みから自分の弱点を克服することができるように猛勉強しました。入試二カ月前は、過去問を何回も解きなおし、解くことができなかった理科の計算や数学は先生に質問してつぶしていきました。
 そして、入試まで残り一週間と迫る中、私は私立専願を志望していたので、それと同時に今まで七年間通ってきた開成の集団授業に終わりが見えてきました。悲しい気持ちがありますが、その気持ちを忘れ、入試に向けてラスト一週間スマホはさわらずにくやしさが残らないように勉強にはげみました。
 入試前日、疲労と緊張があり頭痛が少ししていました。なので前日は早くふとんに入りました。当日、少し疲れはあったが八割程度の状態で挑むことができました。そして、見事先生には難しいと言われたコースに合格することができました。
 この入試期間で学んだことは、もし合格するのは難しいと言われたとしても、くやしさをバネに勉強することが大切だと気付きました。他には入試の大切なイキは夏休みと入試の残り三カ月ということに気付きました。
 最後に、これから入試をひかえている人に言いたいのは、今までの自分の頑張りは、必ず報われるという事を心に刻み込み、自分を信じて頑張っていってほしいなと思います。

【保護者からのメッセージ】
 開成に小学三年からお世話になっていました。中学三年になるまでは、小学六年生の頃の方が、日々の小テスト、公開テストに対しての勉強を自主的に、勉強していた様に感じられ、成績も下がっていきました。こんな息子に対し、塾長は、本人が受験生だと自覚しないとと、息子の性格を一番理解してくださっていて叱咤激励し続けて下さいました。
 11月に入り、塾長からもやっと目つきが変わってきましたねと言われてから、すごく頑張ったと思います。初めての受験で不安や戸惑いもあったと思います。その感情を気付き受け止め助けてあげられるのは、親しかいないと思います。しかし、親も初めての経験で不安になり、今思えば子供の味方になり寄り添ってあげられていたのかなぁと思います。この受験を通して親子共々成長したと思います。
 成績が思うように上がらず自分自身と向き合った経験が今後の経験の糧となると信じています。長い間お世話になり、ありがとうございました。

合格者インタビュー