大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・神奈川・埼玉・千葉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

高校受験合格体験記

名前
合格校
大阪府立天王寺高等学校(文理学科)
出身校
大阪市立三稜中学校

私の合格ストーリー

 私は中学3年の夏期講習で初めて塾に通いました。それまでは中間期末テストの勉強しかしていませんでした。元々、数学は得意だったのですが、英語と国語は苦手でした。そんな私が天王寺高校に合格できたのは、塾のカリキュラムを信じて、出された課題をこなし、宿題もきちんとやったことで、知らず知らずの間に実力が付いていったのだと思います。
 ここで教科毎に私の勉強法を紹介します。
 まず国語は古文と漢字の確実に点が取れる分野を極めようとしました。作文は冬以降に塾の練習問題でコツをつかんでいきました。前述の通り、私は国語は不得意でしたが、それでも受験直前にはある程度安定した点数が取れるようになっていました。
 また英語のC問題はリスニングCパートが非常に難しく、短時間で内容をまとめる必要があります。はっきり言って、そのような問題で満点解答するのは無理で、そこに労力を割くのは時間の無駄です。長文読解も満点を目指さずに、何問かは間違えてしょうがないというぐらいの気持ちで臨みました。私は英検を持っていませんが、英検なしでも受かると思っていました。
 次に数学ですが、これに関してはケアレスミスをしなければC問題でも満点を取る自信があったので、応用問題を多く解いて仕上げていった感じです。
 最後に理科と社会ですが、この2教科も自信はあったのですが、理科は計算問題を中心に、社会は最近出題配分の増えている公民を中心に勉強していました。
 私の考えでは国英数のうち、どれか1教科がズバ抜けていれば受験はなんとかなると感じています。私の場合はそれが数学でした。
 最後にこの場を借りて、長居教室とあびこ教室のチーフ、先生方、スタッフの皆様に感謝の気持ちを伝えたいと思います。
 ありがとうございました!


【保護者からのメッセージ】
 私達の息子が、「天王寺高校に行きたい。」と言い出したのは中学3年生の夏休み前でした。中学1年、2年では、中間・期末テストの点はある程度良かったものの、よくよく受験について調べてみると、英検を取っている方が有利だとか、大阪のC問題は超難解とか、どう転んでも今からでは間に合わないと思っていました。
 夏期講習からスタートするのがギリギリのデッドラインだと思い、塾を何社か体験入学して、個別指導で1番親身になってくれたフリーステップに通う事を決めました。国数英を中心に、秋からは長居のC問題対策、冬には理社も取って、C問題対策、理社の底上げができたのではないかと思います。
 高校の見学等で授業を欠席しなければならない時は快く変更をしていただき、月に1度の面談では三者で目標を再確認しながら、前を向けたことが、最後に合格という形になったと思います。感謝しております。

合格者インタビュー