フリーステップ

記録を残す夏にする。受験・進学情報充実の塾3年連続全国No.1
記録を残す夏にする。受験・進学情報充実の塾3年連続全国No.1

フリーステップの夏期講習について

フリーステップの夏期講習の目標 夏期講習で伸ばす範囲・講習後のレベル
点数アップを可能にする
こだわりの1:2個別指導
「演習」と「解説」を交互に
「演習」と「解説」を交互にイメージ

厳選された講師が、1:2の指導比率を厳格に守り、個人別カリキュラムに基づき生徒指導を行います。2人の生徒が「演習」と「解説」を交互に行うので、タイムロスもありません。

講師:生徒=1:2だからこそ可能な「逆算型」「宣言型」「発問型」授業
講師:生徒=1:2だからこそ可能な「逆算型」「宣言型」「発問型」授業イメージ

フリーステップでは「自ら学ぶ力」を育てるため、授業中にしっかりと考えるプロセスを大切にした指導を行っています。

入試や定期テストなどの目標と生徒一人ひとりの学力状況からいつまでに何をしなければならないかを逆算してカリキュラムを立てます。
授業開始時に学習する内容と目標を宣言し、その日に行うべきことを明確にします。
授業中、大切なポイントについては講師が生徒に質問(発問)し、対話を通してその理解度の確認とフォロー(修正)を行います。
点数アップシステム

30年の実績と240以上の教室を展開している
科学的根拠を持った、
着実な点数アップのための最強システムです。

動画でわかりやすく解説
Simulation

目標点数までの進捗管理と成果の見える化

目標とする試験実施日までに理解すべき学習要素をシミュレーションシートで一覧化。
毎回の授業で確認していきます。

目標点数までの学習計画
Score make

目標点数までの進捗管理と成果の見える化

教育技術研究所で作成される完全オリジナルの小テスト=『ラップテスト』は、一回一回の授業の目的を明確にし、学習の定着度・課題を確認することができます。

ラップテスト≒定期テキスト
Support

自分で解けるようになるまでの支援

ラップテストの結果が反映されたシミュレーションシートなら、現在の弱点が一目瞭然。家庭でスムーズに予習・復習ができる仕組みを整えています。

web学習支援システム
厳選された講師陣と
学習プランナー

難易度が高く指導スキルが要求される「発問型指導」「大学受験指導」の出来る
講師が担当

講師陣 学習プランナー 講師陣 学習プランナー
No.1の実力を凝縮
受験情報誌
進学情報マガジンWAY TO GO!

独自機関、フリーステップ教育技術研究所は複雑な入試制度や入試要項、過去問を研究しています。研究結果はさまざまなオリジナルツール、教材作成などに活用されています。

受験情報誌

志望校選び、併願パターン、受験校決定などが最新の情報を基に執筆されており、高校から本書の発注が相次いでいることからも、本書の信頼性、分析している情報量、進路指導内容が確かなものであることの証左となっています。年3回発刊。

プラン作成・進捗管理のためのツール 受験ナビゲーション
受験情報誌

ナビゲーションを参照すれば、学年、時期に応じた最適なスケジュールと目標設定ができます。

学習効果を最大化する
オリジナルアプリ
My Step Log
勉強を面白くする新しいスタイル 学習eポートフォリオ
アプリイメージ
App Store Google Play

フリーステップの指導ノウハウを凝縮して開発された学習eポートフォリオが“My Step Log”です。“My Step Log”の「見える化」機能は、学習の方法、成果に大きな変化をもたらし、新しい学習スタイルを手にすることができます。

My Step Logを詳しく見る My Step Logを詳しく見る
全国どこでも受講可能な
オンライン授業
対面授業と双方向オンライン授業

「対面授業」と「双方向オンライン授業」を学費は変わらず選択頂けます。また、ご家庭の状況や社会状況に応じて「対面授業」から「双方向オンライン授業」、または「双方向オンライン授業」から「対面授業」への切り替えが出来ます。

点数アップと大学受験に強い「フリーステップ」の授業を今すぐ安心してご自宅でも受講いただけます。

ご利用者の声はこちら
フリーステップ個別指導単独でこの実績 大学受験 中学受験

指導内容

まずはこの夏休みで学習習慣の形成をはかります。また、1学期内容の不安な単元や前学年までの積み残しなどをこの夏休みに徹底的に対策することで、学習のばらつきを防ぎ、2学期の授業に備えることができます。オンライン自習室も活用し、授業で習った範囲の復習をする習慣をつけます。

夏期講習の学習のポイント

算数 計算力をつけ、図形の性質を理解する。グラフや表を正しく読めるようにする。
国語 文脈、キーワードをおさえ読解力をつける。また、解答法を身につける。
英語 英語に慣れ文の構造を理解する。英検対策も取り組む。
理科 実験の方法、結果の説明ができる。グラフや表を読み解く。生物や動物の仕組みを理解する。
社会 重要語句の意味を理解し、説明が出来る。グラフ、地図、表から自分の考えを持てる。

中学受験生にとってこの夏休みは非常に大切なものになります。今までに学習した単元の復習をしっかり行い、9月以降の模試や過去問での得点につなげます。

夏期講習の学習のポイント

算数 苦手単元を克服し、志望校の過去問傾向を把握し様々なパターンを解く。
国語 心情を表す言葉などキーワードから文章を読み解く。受験に向けて、基本の復習をする。
理科 用語の理解をする。志望校の傾向から写真・絵・グラフから内容理解をする。
社会 復習から弱点を克服する。記述問題にも慣れる。
英語 英語の構造を理解し、英検対策や志望校対策に取り組む。

中学校に入学して初めての夏休みとなります。夏休み明けの実力テストに向けて学習を進め小学校とは違う夏の過ごし方を行いましょう。

夏期講習の学習のポイント

英語 be動詞、一般動詞の違い、三人称単数を理解して、動詞を使い分ける
■重要な学習ポイント
be動詞、一般動詞、三人称単数、What is ~と形容詞、名詞・代名詞の複数形、命令文
数学 正負の数、文字式の計算が出来る。文章から方程式を作ることができるようにする。
■重要な学習ポイント
計算・図形の基礎、正負の数、文字式、方程式、比例・反比例
国語 接続語・指示語の使い方を学び中学の読解力の基礎を築く。
■重要な学習ポイント
論理的文章、文学的文章、詩、古文、文法、漢字、語句
理科 1学期で学習した内容の暗記分野を整理し確認する。
■重要な学習ポイント
身近な生物の観察、植物の花のつくり、葉のつくり、植物のなかま、実験器具の使い方、物質・気体の発生と性質
社会 地理では世界と日本の特色を理解する。歴史は、時代の流れと特徴を理解し説明できる。
■重要な学習ポイント
世界のすがた、世界の人々の生活と環境、人類の出現と文明のおこり、日本の成り立ち、古代国家

入試の問題のうち、1・2年生の単元の割合は7割だと言われているので非常に重要な夏休みとなります。今までの単元を復習することで受験レベルまで力をつけることをめざします。

夏期講習の学習のポイント

英語 過去形、未来形の動詞の変化規則を覚える。不定詞や動名詞、接続語を理解する。
■重要な学習ポイント
一般動詞(過去形・過去進行形・未来形)、疑問詞、助動詞、接続詞、there is、いろいろな文型、不定詞の基本3用法
数学 計算力をつける。グラフを描く練習をする。
■重要な学習ポイント
正負の数・文字式・方程式、平面図形・空間図形、比例と反比例・資料の活用、式の計算、連立方程式の利用
国語 場面の変化に注意する。接続語に着目して読むようにする。
■重要な学習ポイント
論理的文章(指示語・接続語)、論理的文章(構成・要旨)、文学的文章(場面・心情・主題)、詩・短歌・古文、文法・漢字・語句
理科 暗記より理解を優先。基本パターン問題を何度も繰り返してから応用問題へと移行する。
■重要な学習ポイント
原子・分子・化学反応式、物質の変化、化学変化と熱、化学変化と物質の質量、生物と細胞・食物の消化、呼吸と血液の循環・成分
社会 歴史は前後関係を意識する。地理は地形図や都道府県を復習する。
■重要な学習ポイント
日本の姿、資源・エネルギーと産業、地域間の結びつきから見た日本、世界の動きと全国統一、江戸幕府の成立と鎖国、産業の発達と元禄文化、幕府の改革と化政文化

中学3年生は学校からの課題は計画的に進めて夏休み前半には終わらせておきましょう。「夏を制する者が受験を制す」。1・2年生の復習はこの夏までに必ず終えます。模試・実力テストといった実戦形式、最終的には入試に対応できる力を身につけましょう。

夏期講習の学習のポイント

英語 現在完了形の復習。動詞の適切な形を選択する問題が入試では頻出のため、動詞表現の復習を行う。
■重要な学習ポイント
現在形・過去形・未来形、助動詞、疑問詞、動名詞・不定詞、比較、受動態、現在完了形
数学 証明問題の演習を繰り返し、着眼点を身につける。
■重要な学習ポイント
方程式・式の展開・因数分解、平方根、比例・反比例・1次関数、2次関数、平面図形・空間図形、図形(証明)、資料の活用・確率
国語 説明文・小説の読解力をつける
■重要な学習ポイント
論理的文章(指示語・接続語・事実と意見・段落・文章の構成・要旨)、文学的文章(場面・心情・表現・主題)、詩・短歌・俳句、古文・漢文、漢字・語句・文法
理科 3年生の理科の内容は完全に理解分野といえるため、一つ一つの事柄に対し理解して暗記することを目標とする。
■重要な学習ポイント
光や音の性質、力と圧力、電流とその利用/力の運動、仕事とエネルギー/化学変化と原子・分子、水溶液とイオン/大地と天気/植物・動物の生活と種類、生命の連続性・遺伝子
社会 時事問題に注意を払う。地理・歴史・公民の基本事項を全体的に学習する。
■重要な学習ポイント
日本地理/世界地理/古代~近世の歴史/近代~現代の歴史/現代社会

高校1年生は、夏休みはまず苦手単元の克服が重要です。学校の授業がストップしている間に苦手を克服します。また、2学期になるとさらに学習内容が難化し、スピードもアップしますので少しでも多く予習しておきましょう。
高校2年生は、2学期の終わりに高1・高2の履修内容完了を目的として学習を進めます。
そのために、英語・数学・国語の入試基礎力完成が2学期で終わるように、夏の間には基礎力の完成度を75パーセントまでは到達しておきましょう。

高校1年生 夏期講習の学習のポイント

英語 文構造についてしっかりと復習し、知識の定着を図る。また、読解の基本となる文法事項を確実に理解する。
数学 中学数学以上に公式が多いうえに複雑なので、1つずつ理解する。スラスラとくことができた後は、問題演習を行いレベルアップを図る。
国語 接続語や指示語を使いながら、印をつけて前後関係を判断し、付近の空欄や傍線部の役割を見分ける練習を行う。
理科 基礎科目内容の解法・知識の定着を図る。苦手意識が強い場合、中学範囲に戻って公式や知識内容を復習し、確実に理解する。
社会 古代から中世の歴史の流れを理解し、ノートや図解でまとめる。流れを自分で説明できるようになる。

高校2年生 夏期講習の学習のポイント

英語 主部と述部を正確に見極める力を身につける。大学入試レベルの文に対応するために後置修飾や関係代名詞の目的格省略を理解しておく。
数学 数学Ⅱは図形よりも計算分野がメインのため、正しく計算する練習を繰り返す。数学Bは、考える力とイメージ力を養う。IAに不安がある人は復習を行う。
国語 現代文は1年後の入試問題に対応できるよう、長文の読解に慣れておく必要がある。古文では、文法の復習と合わせて古文単語を覚えて短文読解を正確にできるようにする。
理科 受験で必要となる科目を中心として、解法・知識の復習を行う。計算を必要とする単元は、適切な公式をあてはめる演習をつむことが大切。
社会 これまで習った範囲の歴史内容をノートや図解を使って歴史の流れをつかんだうえで、一問一答形式の演習に取り組む。知識のインプットとアウトプットを同時並行で行うと記憶に残りやすいようにする。

高校3年生は1学期で行った単元の弱点補強を行い、入試の解答時間に合わせて長時間の演習を取り入れていくことが必要になります。また、理科と社会に関してもこの夏休みで教科書範囲のインプットを完了し、単元別の演習を行っていきましょう。

夏期講習の学習のポイント

英語 英文法の基礎がある程度身についている人は、入試問題を想定し、単元別形式だけではなくランダム形式で問題演習を行う。併せて長文解釈の理解を深め、秋以降の模試で目標点を獲得できるようにする。
数学 基本公式を完全に理解し、問題に応じて使うべき公式・解法を瞬時に判断できるために公式の使い方を練習する。また苦手単元克服に向けて基本公式を完全に定着させ、様々な種類の問題を繰り返し演習することで、柔軟な対応力を身につけます。
国語 過去問を解いていくうえで、時間内に解答ができるように時間がかかる苦手分野を見つけて克服していく。古文では、長めの文章で主語の推定や内容把握ができるようにする。
理科 出題傾向にかかわらず全分野の基本公式、考え方及び解き方をまとめておく。公式を覚えるだけでは不十分で、問題を読んだ際にその公式が使われる理由を判別できるようになる。
社会 一般選抜に備えて夏期講習が終わるまでに一通りのインプットを終える。正誤問題の微妙な誤答に対応するためにも、秋冬以降に、志望大学の過去問の傾向に合わせて対策を行い、知識を補填できるように一問一答の用語なら全範囲答えられる状態にする。

夏期講習実施要項
5日間(日曜日、お盆休み除く)×6期

  • 第Ⅰ期7/16(金)~7/21(水)
  • 第Ⅱ期7/22(木)~7/27(火)
  • 第Ⅲ期7/28(水)~8/2(月)
  • 第Ⅳ期8/3(火)~8/7(土)
  • 第Ⅴ期8/16(月)~8/20(金)
  • 第Ⅵ期8/21(土)~8/26(木)

時間割

第Ⅰ~Ⅱ期 第Ⅲ~Ⅴ期 第Ⅵ期
9:50~11:10
11:20~12:40
12:50~14:10
14:20~15:40
15:50~17:10
17:20~18:40
18:50~20:10
20:20~21:40

※授業時間帯は教室日程によって異なる場合があります。詳細はお問い合わせください。
※学校の講習授業や夏期休暇開始日に合わせて、自由に時間帯をお選びいただけます。振替授業も可能ですので、お気軽にご相談ください。
※7/17(土)、7/24(土)の5限(20:20~)は開講なし。
※7/31(土)、8/7(土)、8/21(土)の8限(20:20~)は開講あり。
※8/27(金)、8/28(土)は新学期移行日のため休講・休日
※8/30(月)は2学期授業開講日(8/30(月)、8/31(火)は9月分学費扱い)
※7/18(日)、7/25(日)、8/1(日)、8/8(日)~8/15(日)、8/22(日)、8/27(金)~29(日)は休講