小学生・中学生対象の学力アップ・中学受験・高校受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

板東広樹先生講演会レポート

2012.11.26

板東広樹先生 特別講演会 第3回目を開催しました!

去る1月13日(日)、開成教育セミナー豊中駅前教室および成学社 梅田本社において、「板東広樹先生 特別講演会」を行いました。
全3回のシリーズの最終回の今回は、入試直前となりましたが、多数の熱心な保護者の皆さまにご参加いただきました。

第3回目となる今回は、最もタイムリーで、皆さまの関心も高い「直前期の親の子どもに対する対処法、親の子どもに対する姿勢一般」というテーマでお話をいただきました。
入試直前期のお子様への対応として、生活リズムの作り方や心構えなど、様々なケースを例にお話しをいただきました。さらに、入試当日の過ごし方や、複数の学校を受験するにあたっての気持ちの切り替え方など、知っておくことで、即活用できる内容も満載でした。 また、注意しなければならない点と同時に、気にし過ぎなくても良い点などについてもお教えいただき、これから入試に臨むにあたって、安心できる材料となったのではないかと思います。
受験学年以外の保護者の方に向けては、中学受験までの期間中モチベーションを維持する方法など、お子様の「心」と向き合い、サポートする方法について、レクチャーいただきました。

「受験勉強は、どんな状況でも、どんな結果でも、必ずお子様にとってプラスになる」という板東先生の言葉がとても印象に残ったセミナーでした。
開成ベガでは、今後も、中学受験に役立つ様々な情報をお届けする場を設けていく予定です。ぜひ積極的にご参加いただき、ご活用いただければと思います。

板東広樹先生 特別講演会 第1回目を開催しました!

去る11月18日(日)、開成教育セミナー豊中教室および成学社 梅田本社において、「板東広樹先生 特別講演会」を行いました。
午前の豊中教室会場も、午後の梅田本社会場も、中学受験を目指されるお子様をお持ちの保護者の皆さまに多数お越しいただき、盛況のセミナーとなりました。

豊中会場の様子

梅田会場の様子

 

全3回のシリーズとなる講演会の第1回目となる今回は、「入試問題は予想することが出来る」をテーマに、様々なお話をいただきました。
中学受験において最も要となる「算数」で、多くの予想問題を的中させてこられた板東先生が、どのような視点で問題を分析されているかといったお話にはじまり、実際に灘・甲陽やその他難関私立中学の受験対策において、どのような予想問題が的中したか、その実例を数多くご紹介いただきました。
受験勉強において予想問題がどのような意味を持つのか、どのように扱うのが効果的であるかといったお話は、これから学習プランを組み立てられる受験生のみなさんにとって、大変参考になったのではないかと思います。
また、普段の勉強の取り組み方などについても様々なアドバイスもいただき、参加者の皆さまは、メモをとりながら熱心に耳を傾けられていました。

 

本講演会はシリーズになっておりますが、各回で独立したテーマを設けておりますので、2回目以降からでも、ぜひご参加ください。第1回の講演を聞かれて、いっそう第2回以降の講演にもご興味を強くされた方も多かったようです。
第2回(12/16実施)テーマは「直前期の勉強法、中学受験へ向けての勉強法一般」 第3回(1/13実施)テーマは「直前期の親の子どもに対する対処法、親の子どもに対する姿勢一般」を予定しております。
皆様お誘い合わせの上、奮ってご参加下さい。
12/16(日)、1/13(日)とも、豊中駅前教室は10:00~11:30、梅田本社は14:00~15:30の実施です。
お申し込みは以下からどうぞ。

お知らせへ戻る

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ