小学生・中学生対象の学力アップ・中学受験・高校受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

合格おめでとう!

合格校
咲くやこの花中学校(言語)
出身校
大阪市立中津小学校
出身教室
開成教育セミナー JR野田駅前教室

 初めは、なかなか実感が湧きませんでした。私がもう受験生になるなんて、思ってもみませんでした。それが理由だと思います。苦手な算数を約一年間勉強し続けるなんて無理だと思っていました。しかし、開成教育セミナーに行ってみて、その気持ちは変わりました。受験勉強の算数は、学校のものよりも難しくて、最初はついていくだけでとても大変でした。私が入塾するより前からいた人たちはよくできていて、計算も速くて、私だけ取り残された気分になりました。その時、今いるメンバーに負けていては、必ず受験に落ちてしまう、そう思いました。開成教育セミナーに通い始めて、やっと受験生になるんだと、勉強との戦いが始まるんだという実感が湧いてきたのです。
 まず私が始めたのは、算数嫌いを克服しようということでした。算数が大嫌いなままでは、一年間頑張り続けることは不可能だと考えたのです。最初は、父につきっきりで教えてもらっていました。急に大量の問題を解いていくと、算数のことがますます嫌いになっていくのではないかと思い、ゆっくり、少しずつ進めていきました。すると、好きになった訳ではないものの、考える楽しさや、答えが導き出せたときの達成感、喜びが感じられるようになってきました。そこからは、ひたすらたくさんの問題を解いていくだけでした。欠けていく集中力を取り戻すために、わざと受験に落ちたときのことを想像したりもしました。そんな状態だったので、あきらめようと思ったことは一度もありませんでした。しかし、あきらめずに最後までやり抜くことができたのは、家族や、先生方がいてくれたことと私に塾という場所があったからだと思います。父や母は、私が受験すると決めた瞬間から、受かると信じて応援してくれていました。私が合格すると信じてくれていた存在があったからこそ、自信を持って過ごすことができたのだと思います。そして、塾の先生方も、ずっと私達が合格できるよう、サポートしてくれていました。分からなくても、質問することができるという心強さは、勉強しているときの安心感につながりました。そして何より、塾があって、ライバル達がいることで、負けたくない、この中のメンバーに勝ちたい、という思いが出てきたのだと思います。開成教育セミナーに通っているのは、本気で合格したいという人ばかりでした。当然ですが、全員が合格しようと、努力しているのです。だから、その一歩上にいることができないと、勝ち抜くことはできないのです。そんな危機感を与え続けてくれたのは、まぎれもなく開成教育セミナーという集団塾でした。まずは隣の子に勝つ。そう思いながら、一年間過ごすことができました。
 受験という戦いを、体験してよかったと、今は思っています。競い合うことで、あきらめないということを知ることができました。

【保護者からのメッセージ】
昨年の1月、つまり受験当日のちょうど一年前、娘は私にこう言いました。
「算数なんて大嫌い。私が算数を好きになることなんて、あり得ない。」
はっきりとそう言い切り、親はショックを受けたのですが、その後、開成教育セミナーの先生に算数の本当の面白さを教えてもらったようです。
学校とは別の数字の世界に感じるものがあったようで、「算数、嫌いじゃないかも。解けたら面白い。」と言いだしたのが、夏の初旬ごろ。それからは、彼女の中でスイッチが入ったようで、あれだけ嫌いだと言っていた算数に日々取り組むようになりました。私が親として言ったことといえば、「辛くなったら、休んだらいい」「しっかり寝なさい」「ご飯を食べなさい」そんな日常のリズム的なものがほとんどだったかもしれません。あとは全て、先生方と本人に任せていました。「自主性」が合格のポイントになったのではないかと今は、思います。

ページの先頭へ

咲くやこの花中学校の合格体験記

  • 咲くやこの花中学校(言語)合格
  • 咲くやこの花中学校(言語)合格
  • 咲くやこの花中学校(言語)合格
  • 咲くやこの花中学校(芸術)合格
  • 咲くやこの花中学校(芸術)合格
  • 咲くやこの花中学校(言語)合格
  • 咲くやこの花中学校(スポーツ)合格
  • 咲くやこの花中学校(ものづくり)合格