小学生・中学生対象の学力アップ・中学受験・高校受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

合格おめでとう!

合格校
立命館中学校(AL(学力伸長・特進)コース)
出身校
吹田市立千里第一小学校
出身教室
開成ベガ エール進学教室千里山田校

 私は、二年生のとき算数パズルで週に1回だけ塾に来ていましたがあまり塾が勉強する所だという印象はありませんでした。少し経ってからお母さんに「中学受験っていうのがあるけどやってみる?」と言われました。もともと将来の夢がお医者さんだったので中学受験をすることで夢に近づけるかもしれないと思いコースをかえて4年生からやり始めました。最初は宿題をするのが大変だっただけで友達とふんわり楽しく通っていました。少しずつ苦手科目や得意科目がわかってきていましたが6年生になって苦手科目を克服することがどれだけ大変か分かっていませんでした。
 5年生の終わりごろまで何の危機感もなく過ごして来たのですがコロナ禍で家にいることが多くなり苦手科目である算数にやっと手をつけはじめました。そのときに少し点数が上がりましたが一時的なものに終わってしまいます。次にやる気が入ったのはもう入試まで50日を切っていました。そこではじめて、先生に志望校をかえないといけないかもしれないと言われました。それでも私は立命館中学校のALコースに行きたかったのですがこのままのやり方ではCLコースにも入れないかもと告げられます。しかし、どうしても志望校を変えることはできず、算数の取り組み方を変えるという約束をしてうけることになりました。立命館中学校の算数は少し変わっていました。どんな問題でも対応できる状態にするために覚悟を決めて無我夢中で勉強しました。算数の研究をするように入試問題に取り組むうちに、長い文章題を区切っていくとその内容は決して一つ一つは難しくなく、集中力と根気さえあれば解くことができるという確信をもつことができました。
 後輩のみなさんにアドバイスをするとすれば成績を少しでも上げるために必要であることは「自分にあったやり方を見つける」ことです。人それぞれ自分にあったやり方はちがうので見つけるのも大変だと思います。私はとにかく赤本でまちがえたところをノートにしっかりとまとめました。時間はかかりますが頭の中の整理を形にすることで次読み返せたりと有効的なノートになりました。
 一番大切なことはあきらめない気持ちと緊張やプレッシャーにつぶされないメンタルを持つことです。一番怖いのは緊張で実力が発揮できないことです。そうならないように普段から努力をおしまず頑張ってください。

【保護者のメッセージ】
 四年生の時、お友達と見に行った学校説明会を食い入るように見ていた娘はそれから一度も志望校を変えることはありませんでした。
 真面目にがんばっているのに算数の成績が上がらず泣いていたことを思い出します。先生に志望校を変えないかと言われてからの娘のがんばりには私たちも驚くほどのものでした。娘のがんばりに答えてくださる先生方は勉強はもちろんのこと、娘の性格まで分かっていただき細やかな指導を最後まで本当にありがとうございました。
 仲間にも恵まれ、中学受験とは思えぬようなおだやかな塾生活でした。いつも仲良くしてくれたお友達は娘の宝物になったと思います。
 合格おめでとう。
 この経験で色々なことを感じ、たくさんの助けてくれる人に感謝し、努力をする大変さ、素晴らしさを感じたと思います。その気持ちを忘れず、大事にして下さい。

ページの先頭へ

立命館中学校の合格体験記

  • 立命館中学校(CL(中高大一貫)コース)合格
  • 立命館中学校(CL(中高大一貫)コース)合格