小学生・中学生対象の学力アップ・中学受験・高校受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

合格おめでとう!

合格校
大阪市立咲くやこの花中学校(スポーツ)
出身校
大阪市立味原小学校
出身教室
開成教育セミナー 桃谷駅前教室

 四年生のときぼくは、とても成績が悪かったです。このままでは、中高一貫グループに入ってもみんなについていけないと思い必死で勉強し、少しずつへんさ値を上げていきました。五年生のころ走りは七秒後半でした。立ちはばとびは、あまりとべなく170㎝、180㎝、190㎝をさまよっていました。五年生になると、「宿題」の量がとても多く大変でした。五年生の時、立ちはばとびを何回練習しても上達しないので少し不安でした。六年生のはじめは新型コロナウイルスでオンライン授業だったので、授業の内容があまり頭に入らずこのままで大丈夫かと、少し不安になりました。六年生の夏期講習は毎日だったので大変でした。夏のゼミは体調不良の中のゼミで、自分だけおいていかれているような気がしました。ぼくは、長時間勉強できない人なので、夏や冬のゼミはとても苦しかったです。受験が近くなると、講習やゼミの回数が多くなり、やる気のスイッチが自然と入りました。十二月になると自分の好きなゲームの時間を少しずつ減らしていき、ゲームの時間に勉強をすることにしました。実技の方は、十二月は本格的なフォーム練習。一月は走りこみました。立ちはばとびの方は二m十五㎝くらいをさまよっていたのでそんなに心配はなかったです。一方勉強の方では、大みそかのゼミでとことん勉強しました。一月に入ると、実技は一時間とあまり、勉強は二~四時間ぐらいしていました。受験前の一週間は、計画を立て、勉強と運動に励みました。学校を休んだ日など、学校と同じ時間に勉強をしました。休み時間は、自分の好きなYOUTUBEを見たり、音楽をきいたりして、息抜きをし、次の勉強に励んでいました。勉強を行っているうちに、色々なパターンが見えてきて、問題が解きやすくなりました。当日は自分が勉強していた所と全く同じ問題が出題されていたのでラッキーでした。「練習はうそつかない」

【保護者のメッセージ】
 息子は走ることが大好きで、咲くやこの花中学校に入りたいという強い気持ちで、受験が始まりました。ところが入試三ヶ月前、足を負傷し、三週間走る練習が出来なくなりました。練習が出来なくなり、落ち込んでしまうのではと心配でしたが、とても冷静でした。あせることはなく、勉強の方に力をいれていました。親の方にあせりがありました。完治してからは走る練習、勉強と、どちらも真剣に取り組む姿が見られました。
 年が明けて一月になり、月曜日と、祝日のお休みの日も、先生方は子供達が不安にならないように面接の練習と、自習室を開放してくださいました。子供達は、心強かったことだろうと思います。受験の当日も、次の日の面接試験に向けて、練習してくださいました。感謝の気持ちでいっぱいです。
 いつもと違うコロナ禍の中、先生方はとても大変な一年間を過ごされたと思います。ありがとうございました。

ページの先頭へ

大阪市立咲くやこの花中学校の合格体験記

  • 大阪市立咲くやこの花中学校(言語)合格
  • 大阪市立咲くやこの花中学校(ものづくり)合格
  • 大阪市立咲くやこの花中学校(ものづくり)合格
  • 大阪市立咲くやこの花中学校(ものづくり)合格
  • 大阪市立咲くやこの花中学校(芸術)合格
  • 大阪市立咲くやこの花中学校(ものづくり)合格
  • 大阪市立咲くやこの花中学校(言語)合格
  • 大阪市立咲くやこの花中学校(ものづくり)合格
  • 大阪市立咲くやこの花中学校(芸術)合格
  • 大阪市立咲くやこの花中学校(言語)合格
  • 大阪市立咲くやこの花中学校(ものづくり)合格
  • 大阪市立咲くやこの花中学校(スポーツ)合格
  • 大阪市立咲くやこの花中学校(ものづくり)合格
  • 大阪市立咲くやこの花中学校(スポーツ)合格