小学生・中学生対象の学力アップ・中学受験・高校受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
大阪府立茨木高等学校(文理学科)
出身校
吹田市立佐井寺中学校
出身教室
開成教育セミナー エール進学教室千里山田校
個別指導学院フリーステップ 千里山田教室

 私が受験を強く意識し始めたのは、受験本番の4か月前くらいからでした。ちょうど過去問を解き始めた時です。初めて採点をした時、点数の低さに危機感を覚えました。それまで私は、受験をぼんやりとしか意識していなかったので、時間配分などを考えずに過ごしていました。
 ここで、過去問など本番に近い問題を解く前に、やっておくべきことがあります。それは主に2つあって、1つ目は苦手分野をできるだけ減らしておくことです。過去問を解くであろう冬休みの時期にこれを行っても、間に合わない可能性があります。夏休みなどの長期休みに、早い段階で対策をしておくことをおすすめします。2つ目は、基本問題を完璧におさえておくことです。これを疎かにしてしまうと、応用問題が解きにくくなり、安定した点数がとれません。しっかりとおさえておきましょう。
 もちろんこれらの勉強には努力が欠かせませんが、努力しても成績が伸びなかったり努力するのが苦手だったりする場合は、勉強のやり方を工夫してみてください。例えば私の場合、丸つけをする時に間違った問題は解説を、理解できるまで読んでいました。それでも分からない時は塾の先生に聞いて、知識を定着させていきました。
 話を戻します。過去問を解く時、私は主に時間配分を意識しました。大問ごとに制限時間を設け、解くスピードを調整しました。また、残っている苦手分野を徹底的に潰していきました。私は国語が苦手だったので、国語の文章題を重点的に勉強しました。
 そして、受験において何よりも大切なのは、最後まで自分を信じることです。本番でうまくできなかったらどうしようとか、不安に思う人もいるかもしれません。でも、ほとんどみんな同じようなことを思っています。また、友達や家族があなたを支えてくれます。諦めずに自分を貫き通して頑張ってください。

【保護者からのメッセージ】
 教室には小学校5年生からお世話になりましたが、一度も休みたいと言った事はありませんでした。教室の先生方は、生徒一人ひとりを深く理解して下さっており、安心していたのだと思います。
 受験直前には本人専用の対策プリントをご用意頂き、自信を持って入試に臨む事が出来ました。志望校合格へ導いて頂き感謝しております。

ページの先頭へ

大阪府立茨木高等学校の合格体験記

  • 大阪府立茨木高等学校(文理学科)合格