小学生・中学生対象の学力アップ・中学受験・高校受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
伊丹市立伊丹高等学校(全日)(普通科)
出身校
川西市立緑台中学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 山下駅前教室

 私は、勉強が嫌いでした。中学に入ってからずっと部活に時間を使い、休みの日は友達と遊び、塾にも行っておらず全く勉強なんてしていませんでした。部活を引退してから、勉強モードになるわけでもなく、高校もギリギリまで迷って、それなのに受験校はすごく倍率が高いところでした。受験までの日数と倍率を見て、心の中では「本気で勉強しないと」とか「帰ったら〇時間勉強しよう」と、勉強に対して前向きでもいざ机に向かうと、部屋の掃除がしたくなったりして、心で思うことと体でしていることが比例しない日々を過ごしていました。それでもそんな時、定期テストで自分が驚く点を取りました。最初は偶然だと思って普通に喜んでいましたが、塾の先生に頑張った証拠だと言われた時、私がしてきたことはちゃんと身についているんだと実感することができました。その後は少しモチベーションが上がって、少しずつ集中して勉強できる時間が長くなっていきました。
 私が受験で一番怖かったものは自分でした。誰でも、自分には少し甘くなってしまうものです。私の場合、甘くなりすぎたと思っています。結果は良くても、それまでは良くはなかったと思います。でも、一番大切だと思うのは、1人じゃないということです。受験は1人だけで受けるというものじゃないし、緊張しているのは皆同じです。焦って自分の中に入ってしまうと、そういった事が見えなくなって、周りの人のアドバイスも聞こえなくなります。そこでこれからの私は余裕ある人でいて、周りにアドバイスできる側の人になりたいです。そして私も周りの声を聞いて吸収して、どんどんアップデートしていきたいと思います。

【保護者からのメッセージ】
 中3の1学期、それまで塾も行った事がなく、運動部に所属していたこともあり、家での学習はあまりできていない状況でした。希望する高校も具体的には決まっておらず、受験勉強に対する意識もあまりなく、少し不安に思っていました。今まで自己流の勉強法で、定期テストの点数は勉強時間には比例せず、テスト前の勉強のやり方や要点のつかみ方を教えてほしい、受験に向けた対策を取ってほしいと入塾。
 「受験生なんだから」と言ってしまう事も多々ありましたが、親の言葉は素直に受け入れられない年頃な為、なるべく我慢。そんな中、本人のわかること増やし、自信ややる気を引き出しながらしっかりと指導してもらった成果が目に見えて点数に表れるように…。それがまたモチベーションとなり自主的に勉強に取り組むという好循環が生まれ、最後まで受験に向き合う事ができたのだと思います。
 今後もそのやる気で自分の進路を切り開いていってくれると感じています。ありがとうございました。

ページの先頭へ