大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ

お悩み

いつごろから塾に通えばいいの?

娘は現在小学6年です。地元の公立中学へ進学予定で、中学受験は考えていません。特別成績が悪いというわけでもなく、塾に通う必要性もあまり感じたことはありませんでした。しかし、最近になり周りのお友達が塾に通い始め、娘も少し不安に感じている様子です。うちのような子の場合、いつごろから塾に通い始めればいいのでしょうか?

そのお悩み、開成教育グループなら解決できます!

解決

小学生の間に効果的な学習方法と規則正しい学習習慣は身につきます。

小学校から中学校に進学すると、いろいろな環境が一気に変化します。生活リズムや友人関係においても変化の大きい時期がこの時期です。そんな環境の変化になかなか馴染めなかったり、うまく友人関係を築けなかったりすることで、残念がら不登校になってしまう子どもたちが増えるのもこの時期なのです。塾に通うということは、より多くのまなざしを子どもに向けるということ。変化の多い時期だからこそ、変わらないまなざしを増やしておくことは、子どもたち自身の安心材料を与えることにつながります。もちろん、学習面における意味合いも大きいことは言うまでもありません。開成教育セミナーの少人数制の指導は、学習効果を上げるだけでなく、子どもたちとって、安心できる環境も提供しています。

ぜひ体験授業を受けていただき、学校の成績が伸びる開成教育セミナーの指導を実感してください。

あなたに最適なコースは下記になります

クラス指導
小学生
中学生

開成教育セミナー

詳しくはこちら

高校受験「伸ばして難関校合格」

小学6年生では小学生分野の総復習により中学校へ向けた基礎の確立を第一目標とし、来たるべき中学生活も意識した内容の学習指導を行います。

ページの先頭へ