小学生・中学生・高校生対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す1:1完全個別指導の学習塾

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

中学受験合格体験記

名前
合格校
開明中学校(理数コース)
出身校
大阪市立鴫野小学校

私の合格ストーリー

 私が塾に行き始めたのは、小学3年生の冬の初めの頃でした。行き始めた理由は、学校の勉強について行けずに塾に通い始めたのに、中学受験をしたいと思ったのは、小学4年生の夏頃です。最初は、お父さんやお母さんにすすめられてやってみようかなという考えでしたが、学校説明会に行ってみると、ここの学校の制服を着て通いたいと思うようになり、本格的に受験勉強を始めました。私がこの塾に通い始めたのは小学5年生の冬で、それまでは近所の塾に通ってました。受験勉強を何度か「もうやめたいな。」と思うときもありました。それは、講習会です。私はもともと勉強は好きではなかったので、長い時間いすに座って勉強していると、すぐにあきてしまって大変でした。私は、6年生になってもあまり家では勉強せずに、テレビを見たり本を読んだりしていると、お父さんやお母さんに、「勉強したら。」と言われたら、「うん。」や「後でやるから。」といって、あまり家では勉強をしていませんでした。私の得意科目は、どちらかと言えば、国語や社会だったので、ある程度、点数は取れていたんですが、算数が、まったくできなかったので、算数は後回しにして、ほかの教科からやろうということが多く、テストなどでは全然点数が取れず、よくお父さんやお母さんに怒られていました。ですが、私も「さすがにやばい。」と思うようになり、問題をひたすら解きました。私はテストの持ち物に必ず、まとめノートを持っていっていました。まとめノートは、各教科の大事な所だけが書かれているので、見返すときに便利です。赤本などを6年生になるとやると思いますが、何周もして、100点を取れるまでやると自信がつきます。本番は、問題をていねいに解き、自分が書いた答えに自信を持って、自分を信じて、がんばってください。

【保護者からのメッセージ】
 中学受験をしようとは考えてはいましたが、実際にどこの中学校に行きたいなどとは本人の中では決まっていない状態で5年生の冬から入塾しました。本人の希望もあって、最初から3教科での受講にしぼっていましたが、志望校選択では、4教科受講をしていない事に悩む場面もありました。
 結果的に、本人の志望校は3教科でも対応出来ましたので、教科をしぼった分、苦手教科に時間を使えたので良い選択だったのではないかと思います。

合格者インタビュー