小学生・中学生・高校生対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す1:1完全個別指導の学習塾

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

大学受験合格体験記

名前
合格校
九州大学(工 応用化学)
出身校
大阪府立豊中高等学校

私の合格ストーリー

 初めに志望校合格のためにおすすめすることをいくつかお伝えしたいと思います。1つ目は早めに志望校を1つあるいは2つ候補を上げておくということです。これを読んでいる人は高校1、2年生の方やその保護者の方々が大半だと思います。ここで言う志望校は学部学科まで決めておくということです。なぜそれをおすすめするかと言うと、目標が明確となり圧倒的に勉強の指針が立てやすくなるからです。僕自身受験勉強をしているとき感じたのですが、現役生は浪人生に比べ字かの猶予というのは少なくなります、学校行事であったり部活動などにより勉強に掛けれる時間というのはどうしても少なくなってしまいます。その中でより効率的に成績を伸ばすためには教科の取捨選択や勉強時間の適切な配分が必要となります。それはどの大学のどの学部なのかそして自分自身の苦手科目、得意科目により変化するので闇雲に勉強していてはかえって時間を無駄にしているということも少なくはありません。2つ目は自分にあった参考書、問題集選びです。1つ目に上げたことを行っていればどのレベルの自分の力が必要なのかということは必ず見えてきます。そこで周りの人の助けを借りてどの参考書が必要なのかということがわかることにより1つ目に上げた効率的に成績を伸ばすための勉強というものが一気に実現に近づきます。そして自分のメンタルについても話したいと思います。受験期は模試の結果や過去問の出来など様々な理由でメンタルが不安定になることが多いと思います。その中で私は成長に目を向けるということを行っていました。全ての教科が上がった人はもちろん全ての教科に対して1つの教科が上がった人はその1つの教科の成長に目を向けることで自分の勉強の意味があったと実感することが出来ると思います。最後にこれから受験に向かって勉強する人は悔いの残らないよう頑張ってください。

【保護者からのメッセージ】
 「旧帝大に絶対入りたい」と言う息子。私は恥ずかしながら旧帝大とは何?でした。子供が歩みたい道を応援する。私が出来る事。「ご飯を作って帰りを待つ事」遅くまで勉強して帰って来る息子にご飯を作って待つ。そしてご飯を食べながら話したい事を聞く。安心出来る居場所で休憩出来る時間を作る。特別な事は出来ませんが一番の応援団でいたいという思いだけでした。

合格者インタビュー