小学生・中学生・高校生対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す1:1完全個別指導の学習塾

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

大学受験合格体験記

名前
合格校
早稲田大学(政治経済 経済)
出身校
東京都立戸山高等学校

私の合格ストーリー

 私が早稲田大学に合格できたのは、高校1、2年次に正確に基礎を固められたからだと感じています。高校の学習は、多くの教科で最重要事項を1、2年次にほぼ学習し終えるため、この期間で応用が利くような深い理解をしておくと良いと思います。私は高校受験期にフリーステップに入塾し、高校入学後は英語の授業を受講していましたが、塾で英文法の先取りをしたことで、学校の授業で理解を定着させることができました。また、塾ではその単元の応用パターンを教えていただき、これは後の過去問演習で役立ちました。
 3年生になったら、丁寧に志望校を選ぶことが重要だと思います。3年になるまでにある程度やりこめた教科、あまりできなかった教科を自分で見極めて、自分の強みがよく発揮できるような志望校選びをすべきです。私は志望校選びの過程でやりこんでいた教科をできるだけ受験に利用するため、受験科目を変更して、精神的に辛くなることなく本番まで突き進むことができました。志望校を決めた3年の秋ごろからは、ひたすら過去問をやることに尽きます。志望校が複数あったり共通テストの受験がある人は、意外と早くから過去問演習を始めないと間に合いません。だからと言って第1志望以外の過去問演習を怠ると、不安なまま第1志望の受験を迎えがちになり、全体に悪影響を及ぼします。私は塾で早めに過去問演習に取りかかったので、各志望校の傾向をつかんだ状態で本番に臨むことができました。
 1、2年次の基礎固め、志望校選び、過去問演習という3つを丁寧に行うことさえできれば合格は近いと思います。私はこの3年間を通じて、3年間継続して努力することがその3つを遂行する最もやりやすい方法だということに気づきました。無理な努力は必要ありません。最後までメリハリをつけてやり続ければ、何らかの形で報われます。

合格者インタビュー