小学生・中学生・高校生対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す1:1完全個別指導の学習塾

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
同志社大学(理工 数理システム)
出身校
滋賀県立草津東高等学校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 草津教室

 私が1年間受験勉強を通して感じたことは3つあります。
 第1に共通テストの対策は抜かりなくするべきだということです。その理由として共通テストで良い点数がとれないと2次試験で挽回しなければならなくなり最悪の場合国公立に受かりません。実際、私は大阪公立大学を志望していましたが、ボーダーが高く自分の点数では2次試験で7割が必要となり、結果として不合格でした。しかし逆に徳島大学の後期日程では共通テストのおかげで2次試験で気を張らずに楽に合格することができました。さらに共通テストで点数をとっておくと私立の共通テスト利用や併用にも使うことでき、すべりどめの大学に楽々合格することができます。また共通テストの対策は各教科の基礎的な復習にもなります。実際私は共通テストの勉強で化学の復習をしました。さらに化学は共通テストでもレベルが高く、共通テストの対策がそのまま2次の対策に直結すると考えています。
 第2に過去問は徹底的にやりこむことが大切だということです。主な理由として各大学の傾向が明確になることです。実際私は夏から同志社の過去問を解き始めたので傾向を把握することができました。なので個人的には最低でも夏には過去問に触れることが大切だと思います。また過去問を解くことで自分の弱点がわかり、勉強の道すじが立てやすいです。
 最後に、受験期間は本当に苦しい時間になります。この期間をのりきるためには自分を信じるということが重要です。私も秋頃、過去問や模試で思うように点数がのびず不安になることがよくありました。でも、やりきるしかないと自分に言い聞かせてのりきってきました。受験は本当に長い戦いになります。でもその分達成感は大きいです。ぜひ味わってみてください。

ページの先頭へ

同志社大学の合格体験記

  • 同志社大学(文化情報 文化情報)合格
  • 同志社大学(経済 経済)合格
  • 同志社大学(文 文化史)合格
  • 同志社大学(法 政治)合格
  • 同志社大学(理工 数理システム)合格
  • 同志社大学(法 法律)合格
  • 同志社大学(商 商-フレックス複合)合格
  • 同志社大学(法 法律)合格
  • 同志社大学(商 商-商学総合)合格
  • 同志社大学(法 法律)合格
  • 同志社大学(文 文化史)合格
  • 同志社大学(文 国文)合格
  • 同志社大学(商 商-商学総合)合格
  • 同志社大学(社会 メディア)合格
  • 同志社大学(グローバル・コミュニケーション グロ-英)合格
  • 同志社大学(経済 経済)合格
  • 同志社大学(スポーツ健康科学 スポーツ健康科学)合格
  • 同志社大学(商 商-商学総合)合格