2021年度 合格体験記

合格者 喜びの声
2021年度 合格体験記

開成教育グループの生徒達から、
合格お祝いの笑顔とメッセージが届いています!

合格おめでとう!

合格校
滋賀県立大学(人間文化 生活栄養)
出身校
石山高校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 草津教室
個別指導学院フリーステップ 野洲教室

 私は受験期を通して学んだ三つのことを書こうと思います。
 一つ目は周りの人に感謝を忘れてはいけないということです。送迎や毎日の食事、多額な参考書代を払ってくれる親や共に励まし合う友達などの存在があるからこそ受験生として他者と戦えると思います。私は自分のことで精一杯でしたが今になって振り返ると絶対に一人では乗り越えることが出来なかったと思いますし、これからの受験生の皆さんには言葉に出来なくてもその感謝の気持ちを忘れないでいてほしいです。
 二つ目は日々の積み重ねが大事だということです。高校で習う受験に必要のない教科の勉強は確実に暗記力や教科ごとの勉強の時間配分に役立ちます。そして単語帳は何周も繰り返して地道に暗記をするとより長期記憶に繋がります。初見で解けなかった問題は少し時間を置いて再度挑戦し完璧に答えられる程度までもっていくなどしてすぐに解けなければと急かさず長期戦であることを生かし取り組むことで実力を伸ばせると思います。たった一日で全てができるようになるなんてあり得ません。部活もそうですが勉強においても同じだと改めて実感しました。
 三つ目はモチベを保つためにも息抜きは必要だということです。私は高一の時から朝早めに登校して勉強することを続けていたので自宅学習期間に入るまでには継続できましたが、授業がなく自習する時間が増えた時期に入ると不安も増し、早朝から勉強したくないとしんどくなった日はきっぱりやめました。それでも塾に行ってからは早朝にしなかった分集中しようと切り替えて集中できたのは良かったと思います。息抜きとその後の切り替えこそ合格への道の一つだと考えます。
 最後になりますが受験生の皆さん志望校への合格を応援しています!後悔が残ることのないよう頑張ってください。

滋賀県立大学の合格体験記