英語資格・検定試験対策
大学受験に強いフリーステップが徹底解説

2019年11月1日に、文科省より現在の高校2年生から対象となる予定だった「大学入試英語成績提供システム」の延期が発表されました。
共通IDの申し込みが始まる当日に延期が発表され、フリーステップの塾生や保護者、学校関係者にも動揺が走りました。

さまざまな報道がなされていますが、思い違いをしてはいけないのは、「大学入試英語成績提供システム」の導入が延期されたのであり、大学入試における英語資格・検定試験の利用がなくなるわけではないということです。

そもそも英語資格・検定試験は必要?

大学入試において、なぜ英語の4技能を評価する必要があるのでしょうか。
その答えは、グローバル化が急速に進展する中、英語によるコミュニケーション能力の向上が課題となってきているからです。
このため、高等学校学習指導要領では、多様な人々と、英語で互いの考えや情報を主体的に伝え合うため、「読む」「書く」だけでなく「話す」「聞く」を加えた4技能を総合的に育成することを求めてきました。

増え続ける英語資格・検定試験の利用

次に英語資格・検定試験の活用概況をみていくと、年々増加しており、2019年度一般入試では187校の大学で活用されています。
一般入試に英語資格検定試験を活用した大学数
そのうち、私立大学が約90%を占めています。

2019年度一般入試設置者別活用大学数
国公立大学 公立大学 私立大学
活用大学数 17校 2校 168校

大学での活用方法は?

民間の英語資格・検定試験について、各大学での活用方法は様々で、 ①出願資格 ②試験免除 ③加点 ④得点換算 ⑤総合判定 の5つに分類されます。
英語資格検定試験の主な活用方法
上記以外の活用例では、上智大学が英語資格・検定試験と学部独自試験によって合否が判定されます。
このような流れはこれからもますます大きくなっていくことが予想されます。
(2019年11月29日現在)

なぜ、民間の資格・検定試験を使うの?

では、なぜ大学入試で、民間の英語資格・検定試験を活用するのでしょうか。

大学入試では、高等学校段階で修得した知識や技能、思考力・判断力・表現力等を適切に評価することを目的としています。しかし、約50万人規模で一斉実施される共通テストで、英語の「話す」「書く」能力を含めた試験を実施することは難しいため、英語の4技能を総合的に評価するものとして社会的に認知されている、民間の資格・検定試験の活用が高等学校教育や大学入学者選抜で進みました。

活用される英語資格・検定試験

では、大学入学共通テストで活用される予定の英語資格・検定試験にはどんなものがあるのでしょうか。

英検® 日本英語検定協会が主催。日本で受験者が一番多い。
フリーステップの対策はこちら
TEAP 日本英語検定協会と上智大学が共催。大学入試を想定して開発されている。
フリーステップの対策はこちら
GTEC ベネッセが主催。2018年度では中学・高校生受検者数が126万人。
フリーステップの対策はこちら
TOEFL 英語圏の大学で入学基準になっている。主に留学する際に用いられる。
IELTS 英語圏の大学で入学基準に採用されていて、国際通用性が高い。
ケンブリッジ英検 世界150ヶ国以上で実施されている国際レベルの英語検定試験。

早めの英語対策が必要

英語4技能の対策ではこれまでも問われてきた「読む」「書く」能力も重要ですが、共通テストでも配点が大きくなる「聞く」能力、英語資格・検定試験で問われる「話す」能力に関しては今までと違った対策が必要になります。また、成果を出すには、早めの対策が必要です。遅くとも、英語資格・検定試験の受検日から逆算して、6か月前から取り組むことをお勧めします。

まだ受験生ではない方も、受験生になる前に英語資格・検定試験を受検して、慣れておくことが重要です。早めに複数の英語資格・検定試験を受検し、対策しておけば、より有利になることは間違いありません。

大学受験に強いフリーステップでは、全力で大学受験生をサポートしています。
様々なイベントや入試情報冊子などをご用意していますので、詳しくは▶ 高校生の指導内容をご覧いただくか、お近くの教室で、進路相談、学習相談を受けてみてください。(無料・要予約)

[フリーダイヤル]個別指導本部 0120-88-0656