合格おめでとう!

中学受験合格体験記

名前
合格校
三田学園中学校(Aコース)
出身校
川西市立川西小学校

私の合格ストーリー

 まずぼくが中学受験をした理由は、サッカーが強い中学校に行きたかったからです。そしてぼくが塾に通い始めたのは、四年生の2月からです。ぼくがこの2年間で一番大切だと思ったのは緊張のほぐしかたです。例えば模試の時とても緊張していました。その緊張をリラックスに変える方法を持っていたほうがいいと思います。例えば、音楽を聞くとか、つぼをおすとか、深呼吸する、そのような方法をもっていれば入試本番の時だって対処できると思うので、緊張をほぐす方法を探しておいたほうがいいと思います。またぼくは暗記が苦手でした。漢字や理科の生物など、おぼえればいいだけと言われても、覚えるのが難しいと思い、そのまま入試2ヶ月前になりました。これはやばいと思い、理科は、要点チェックプリント集を2ヶ月ずっとやっていました。そうしたらできるようになりました。そして漢字は持っているテキストをひたすら書き続けました。するとできるようになりました。なので暗記分野は、「書く」ということをオススメします。ぼくが今まで受験勉強をできたのは家族や塾の先生のおかげで続けられてきたので本当にありがたかったです。今までぼくのことを支えてきてくれて本当にありがとうございました。そしてこれからも勉強とサッカーを両立させて中学生活をおくるのでどうかこれからもぼくのことを支えてください。

【保護者からのメッセージ】
 好きなサッカーを中学でも続けるため、4年生の終わりごろに親子で将来の進学先について考えていた時に、サッカーも学業も両立できそうな三田学園を見つけました。もともと中学受験は視野になかった息子でしたが、初めて三田学園の見学に行った際に、素晴らしい人工芝グラウンド、広大で自然豊かな環境、勉強と部活動の両立に努力する学園の教育理念に惹かれ、三田学園中学への進学を目指し、中学受験へ挑戦することを決めました。
 模試などと重ならない限りは、6年生の12月までサッカーの練習や試合にも参加し、勉強をやるときは勉強、サッカーをやるときはサッカーとメリハリ(?)をつけ、最後まで受験勉強を続けました。
 塾の先生方の適切なご指導、共に受験に向けて頑張る友人たちの存在、またモチベーションが上がるように、時には塾の卒業生よりお話を聞かせて頂く機会などを与えて頂いたお陰で、息子は一度も諦めたり、嫌がることなく、最後まで頑張れたと思います。
 この度、三田学園へご縁を頂けたことはもちろんのこと、この2年間の受験勉強を通して、忍耐力や困難に打ち勝つ力などを習得する貴重な経験ができたと思います。この経験を活かし、これからの6年間を有意義に過ごして欲しいと思います。

合格者インタビュー

中学校で見る 高校で見る 大学で見る