2023年度 合格体験記

合格者 喜びの声
2023年度 合格体験記

開成教育グループの生徒達から、
合格お祝いの笑顔とメッセージが届いています!

合格おめでとう!

合格校
京都橘中学校(Vコース)
出身校
京都市立日野小学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 醍醐教室

 私が中学受験をしようと思ったきっかけは、下校中に友達と中学校になった時の話をしていて、「受験してみる?ちょうせんしてみる?」となり2人で受験することを決めました。
 でもいざやってみると、受験は全然簡単じゃなくて、分からないことだらけでした。何をどんな風に勉強したらいいのかも分かりませんでした。だから私は国語がとても苦手だったので、文章を読んで問題を解く作業をたくさんくり返してみました。そうすると読むスピードが早くなり、解く時も問題の意味を早く理解できるようになっていきました。じゅくに通い始めてからは、分からない問題があれば、私が分かるまで教えてもらったり、アドバイスしてもらいました。
 それでも私は「第1志望の学校のレベルは無理かもしれない」と言われていて常に「私には無理かも」と自信がありませんでした。夏期講習が終わる頃に受けた模試の結果がとても良かったので、そこで「このままがんばり続けたらいけるかも!?」と思うことができました。そこからは、自分に自信を持って、勉強にはげむことができました。
 受験当日はとてもきんちょうしていました。だけど、じゅくの先生方に「あとは自分の力を出すだけ!!がんばってきて」と言われました。なので私は「自分ならできる」というおもいで受験にいどむことができました。ここまでこれたのは、じゅくの先生が分かりやすく教えてくれたからです。勉強以外にも授業前に楽しく話したりもして、勉強ばかりではなく楽しかったです。
 こんなに勉強したこともなかったし、努力をしたこともなかったけど、合格することができてすごくうれしかったのでちょうせんすることと続けることの大事さを知りました。これからもたくさんちょうせんしていきたいです。

【保護者からのメッセージ】
 中学受験は初めてのことでしたので、不安や焦りは常にありました。なかなか成績があがらず不安なまま突っ走った夏期講習でした。秋頃から徐々に勉強の成果が出始め、その頃に努力は裏切らないと実感したのだと思います。それからは明確な目標に向かってよく頑張りました。
 合格を目にした時、喜び倒れて涙した日を忘れることはできません。我慢をすることも多かった1年でしたが、小学6年生でこんなに努力をして、達成感を味わえたことはすごく良い経験になったと思います。
 娘用にカリキュラムを組んでくださり、苦手分野を理解して勉強を進めてくださった先生方には感謝しています。ありがとうございました。

中学校で見る 高校で見る 大学で見る