2023年度 合格体験記

合格者 喜びの声
2023年度 合格体験記

開成教育グループの生徒達から、
合格お祝いの笑顔とメッセージが届いています!

合格おめでとう!

合格校
仁川学院中学校(カルティベーションコース)
出身校
箕面自由学園小学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 石橋教室

 まず、私は合格した時は、よかったと思ったし、とてもうれしかったです。
 私が合格するために、とくに算数をがんばりました。私は算数が苦手だったけど、先生方がていねいに教えてくれて、計算がスラスラ解けるようになったし、苦手な文章問題やわりあい、速さがたくさん解けるようになったのもよかったです。
 算数の次にがんばったのは、国語です。とくに四字熟語と漢字の書きが苦手だったけど、かこ問もたくさん解いたら、解けるようになったので、うれしかったです。
 国語の次にがんばったのは、理科です。とくに水よう液の問題がむずかしかったけど、先生がていねいに教えてくれたので、解けるようになったので、うれしかったです。
 私が合格するために大切だと思うのが、かこ問とたくさん解くことです。かこ問をたくさん解くと志望校によくでてくるもんだいをたくさん解けるようになるからです。
 私が合格できたのは、勉強をていねいに教えてくれた先生方と、それをささえてくれた家族のおかげです。みんなのきたいにこたえられるように、中学校生活もがんばりたいです。

【保護者からのメッセージ】
“机に向かう事”
 これは娘がぶち当たった最大の壁だった様に思います。
 6年生になった4月、併設中学校のプレテストの算数で伸びしろしか無い点数を取ってきました。笑うしかないですし、母親である私が解いても似た様な点数だったので親子やなと2人で笑って一緒に勉強を頑張ろうと、遅いですが受験勉強を始めました。その頃に併設中学ではない中学校を受験したいと娘自身が言い出したので、ならば頑張るだろうと思っていました。
 初めは集団塾に入って、分からないところは私がフォローするという風に進めていましたが、基本すら出来ていなかった娘にはとにかく難しすぎて、塾にもついていけず、フォローするはずだった私も上手く教えてあげる事ができず感情的になり、あまり良い状態では無かったと思います。
 もう受験はやめようと話をしましたが、どうしても行きたい学校があると受験したいという気持ちは強かったのに、ほとんどわからない塾の学習、なんで分からないの!と怒るお母さん。受験は辞めようなんて言われて、とても辛かったと思います。
 最終手段でフリーステップに入塾したのが9月。1月の入試までは本当に時間が少なかったですし、模試やプレテストの結果はかなり際どいものでしたが、入塾してからは娘に合うカリキュラムで丁寧にご指導いただき、好きな国語と理科はしっかり伸ばして頂きました。気分が上がる話もしてもらいながら、徐々に勉強する習慣がついたと思います。問題が分かるので勉強する事が出来る様になったのかもしれません。
 行きたい学校がある事
 フリーステップに行けば分からない問題が解ける様になる事
が、机に向かうが大きな理由になったと思います。
受験直前の冬期講習は、かなり集中して頑張りました。
 フリーステップに通い出してからは、私が教えることは無くなりましたが、受験の直前になってくると緊張からか、頑張ってとか言わないで、特別な事はしないでとリクエストがあったので当日までいつも通りに、でもなるべく娘が好きで沢山食べれる食事を用意して見守っていました。
 志望校に合格する事が出来た時は、今まで見たことの無い位喜んでいたので諦めないで本当に良かったと思います。母親としては怒ってばっかりで今更反省していますが、行きたい学校に合格出来て勉強を一生懸命した娘を尊敬します。
 中学校へ進学したら、新しいお友達、楽しい部活、また勉強も頑張って娘らしい学校生活を過ごして欲しいと思います。

仁川学院中学校の合格体験記

中学校で見る 高校で見る 大学で見る