2023年度 合格体験記

合格者 喜びの声
2023年度 合格体験記

開成教育グループの生徒達から、
合格お祝いの笑顔とメッセージが届いています!

合格おめでとう!

合格校
同志社大学(商 商-フレックス複合)
出身校
大阪府立和泉高等学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 泉大津教室

 私は同志社大学に合格しました。志望したきっかけは部活の先輩が同志社大学に合格し、同じ大学に行きたいと考えたからです。その時私はクラスでは下から4番目、E判定しか出たことのない状況でした。そんな中、私が合格した理由は大きく分けて3つあります。
 まず1つ目に、自己肯定感を高めることです。具体的には、勉強時間を増やすことです。結果を出すためには質が大切ですが、まず1日中勉強することで1日ベストを尽くしたという経験を得ることができます。積み重ねることで質はついて来ます。その上、私は毎朝6時に起き学校の自習室、昼休憩にも学校の自習室に籠ることで自信がつきました。ベストを尽くす経験を重ねることで、自然と結果はついて来ます。
 2つ目は、周りの人を頼ることです。受験生はたくさんの支えの上に成り立っています。その中で、自己発信することが大切です。私は合格のためにチーフに何度も相談しました。また、私は近畿大学公募推薦に1問差で落ちました。そこで、沢山の先生に相談し一般入試までの力をつけるためのスケジュールを組み、合格しました。他にも、家族や友達に勉強の愚痴をこぼすことで、ストレスを解消しもう1度頑張ることができました。このように、受験生は周りの人を頼ることで、何か新しい発見があるかもしれません。
 最後に、感謝を忘れないようにしてください。いずれ自分自身に徳となって返ってきます。私は常に周囲の人々に感謝を忘れなかったことで、逆転合格ができたと感じています。家族のみなさん、塾の先生方、沢山の周囲の方々のお陰で合格することができました。本当にありがとうございました。大学4年間で沢山勉強してお返しできるよう頑張ります。受験生のみなさん、周囲の方々への感謝を忘れず、勉強に勤しんでください。徳は自分自身に返ってきます。ご一読いただきありがとうございました。応援しています。

【保護者からのメッセージ】
 本人にとって高すぎる目標へのクラブ引退からのスタート、親として出来ることは、食事の管理と感染予防に努めるくらいでした。合格できたのは、目標を決めて全力で取り組み運も味方につけられたからだと思います。そしてこの経験は、この先確実に自信へ繋がるものだと思います。
 受験が終わって部屋を片付けていると、めくりすぎて膨らんだ、付箋だらけの参考書を見つけました。表紙を捲ると数人の友達のメッセージの中に塾のチーフからの温かいお言葉も見つけとても胸が熱くなりました。支えてくれた周囲の方、それを励みに頑張れた息子には尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。

同志社大学の合格体験記

中学校で見る 高校で見る 大学で見る