2023年度 合格体験記

合格者 喜びの声
2023年度 合格体験記

開成教育グループの生徒達から、
合格お祝いの笑顔とメッセージが届いています!

合格おめでとう!

合格校
立命館大学(情報理工)
出身校
岡山白陵高等学校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 加古川教室

 私は、高1の冬休み頃から、中2から目指していた阪大(大阪大学)に向けて、理系教育以外の科目に力を入れて勉強し始めました。なぜその時期から勉強を本気でやり始めたかというと、部活の先輩が理系で東大を目指されていて憧れたからです。高2になると、まだ習っていない数Ⅲの予習やその他の演習問題をしたり、英単語や英文法を覚えたりと、英語と数学に力を入れて勉強しました。高2の夏からはモチベーションが下がってしまい、代ゼミサテラインに入塾することになりました。その時取った授業は、理科の予習講座と、国語と地理の共通テスト対策講座、英語と数学の演習講座でした。今振り返ると、その時期に受けて本当に良かった授業ばかりでした。
 しかし高3の春には、阪大を目指すことが精神的に難しくなり、阪大生のフェローの方と面談した結果、他の志望校を探せるようになり、立命館大学を目指すことに転換しました。そこからは気が楽になり、嫌いになっていた勉強に肩の力を抜いて取り組めるようになりました。立命館大学対策の授業を取って初めて私立の入試形式を知り、結構対策が必要だな、と少し不安になりました。高3の夏に初めて過去問を数年分解き、今までの積み重ねの成果が正答率として目に見える形となり、少し安心しました。しかし私の性格的に、自分を甘やかす時があったり厳しくし過ぎる時があったりと極端で、モチベーションの維持が難しかったです。結果、立命館大学には無事合格でき、挑戦で受けた阪大には落ちました。
 皆さんに伝えたいこととしては、道は1つでないからフェローや他の大人の方の話をいっぱい聞いて、自分にとって大事なこと、学歴なのかある特定の能力なのか、好きなことをすることなのか、などを少しずつ見つけていって欲しいです。自分の性格に嫌になることも多々あると思いますが、嫌いなことからは逃げてもいいので、自分が楽しく生きられる道を自分の「正しい」に変えてみてください。


【保護者からのメッセージ】
 娘が第1志望の大学に合格し、本当に嬉しく思います。毎日遅くまで塾で一生懸命勉強している姿を見て、私たちも心から応援していました。最初は難関大学を志望していたものの、学歴を追い求める価値観から離れ、自分のやりたいことができそうな身の丈に合った大学を選んだことは、生き方としてとても素晴らしいと思います。塾の先生方にも感謝しています。ありがとうございました。

立命館大学の合格体験記

中学校で見る 高校で見る 大学で見る