2023年度 合格体験記

合格者 喜びの声
2023年度 合格体験記

開成教育グループの生徒達から、
合格お祝いの笑顔とメッセージが届いています!

合格おめでとう!

合格校
立命館大学(国際関係 国際関係-国際関係)
出身校
滋賀県立草津東高等学校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 草津教室
個別指導学院フリーステップ 草津駅前教室

 私が代ゼミサテラインに通い始めたのは高校2年生の冬です。親に塾に通うことを勧められたことと、3年生になってから慌てて勉強し始めたたくなかったことがきっかけとなり、通い始めました。初めは部活と、両立できるかが不安でしたが、早くから通い始めたため自分のペースで無理せずに受講を進めることができました。
 私が受験勉強を通して感じたことは、継続できる方法で勉強することが大切だということです。睡眠時間を削って勉強しても次の日には疲れが溜まって集中できません。私は睡眠をしっかり取る、集中力が切れたら一度外に出る、など継続できる生活を毎日続けました。そうすると、自分がどれくらい集中力を持続できるのかや、どの教科をどのくらい勉強すれば良いかを考えやすくなりました。
 私は3年生の夏から本格的に受験勉強を始めましたが、最初は受験生という自覚もモチベーションもあまりありませんでした。そのようなときは自分の担当フェローさんに相談したり、大学のオープンキャンパスに行ったりしました。受験直前期に過去問が最低点に届かず不安なときもありましたが、担当のフェローさんに励ましてもらえたお陰で自信を持って試験に臨むことができました。代ゼミサテラインの担当フェロー制度がとても心強かったと感じました。
 このようにして無事第1志望の大学に合格することができました。合格を確認して1番に代ゼミサテラインに報告しようと思ったくらい代ゼミサテラインの存在が私にとって大きかったです。支えてくださったチーフやフェローさんに感謝したいです。大学に入ってからも自分なりに継続できる方法でコツコツと努力していきたいです。

【保護者からのメッセージ】
 高2の冬頃、塾と部活の両立が上手くできるかという不安を抱えながらスタートしたのを覚えています。初めは、カリキュラムをこなすのに精一杯でしたが、塾の三者面談で親子共々、相談に乗っていただき、今、何をすべきかということを提案してもらい、より前進することができました。それからは、学習の積み重ねの中で、自分のペースで進む姿が見られましたので、先生方がその過程を見守ってくださったことに感謝しております。

立命館大学の合格体験記

中学校で見る 高校で見る 大学で見る