2023年度 合格体験記

合格者 喜びの声
2023年度 合格体験記

開成教育グループの生徒達から、
合格お祝いの笑顔とメッセージが届いています!

合格おめでとう!

合格校
関西学院大学(理 数理科学)
出身校
吉備高原学園高等学校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 加古川教室
個別指導学院フリーステップ 加古川教室

 僕は、一般入試で関西学院大学理学部数理科学科に合格しました。僕の高校は全寮制で、中学生の時に不登校だった生徒たちが通う、偏差値40くらいの高校でした。そのため、大学受験など2年生までは考えてもいませんでした。2年生の春頃に少し勉強のモチベーションが上がってきて英検を受験しようと思い、毎日勉強する習慣がついたことが大学受験を考えるきっかけになりました。当初受験する学科を決めきれずにいましたが、勉強面や部活動でとても気にかけてくれていた数学教員の方を思い出し、こんな先生になりたいと考え数理科学科に決めました。
 その頃から第1志望は関西学院大学でしたが、2年生の最初の模試でE判定が出てしまい、勉強を始めたばかりだからと分かってはいましたが、少し悔しかったのを覚えています。そこから毎日寝る前に、勉強法に関する動画をユーチューブで見たり、自分に合う勉強法を考えて学習を進めました。
 中学校に行っていなかったので、基礎の基礎のようなところで抜けが多くて、最初はそれを埋めるのに苦労しました。それでも、1年間勉強を継続した結果、3年生の夏の模試では、最初の模試よりも偏差値が15ほど上がり第1志望がC判定になりました。模試は模試、1番重要なのは過去問の無数だということは分かっていましたが、初めて勉強してきた手応えを感じて、正直嬉しかったです。それ以降は過去問の点数も順調に伸びてきて、10月に初めて合格最低点を超えました。科目別では数学があまり得点できていませんでしたがフリーステップの授業を活用しながら少しずつ克服していきました。そのお陰で過去問でも合格点を安定して取れるようになり、本番はあまり緊張せずに自信を持って臨むことができました。
 僕が受験勉強において大切だと思うことは、早い時期から勉強に取りかかり、少ない時間でも毎日継続することです。そうすると受験直前に焦り過ぎず適度な緊張感を持って本番に臨めると思います。

関西学院大学の合格体験記

中学校で見る 高校で見る 大学で見る