2023年度 合格体験記

合格者 喜びの声
2023年度 合格体験記

開成教育グループの生徒達から、
合格お祝いの笑顔とメッセージが届いています!

合格おめでとう!

合格校
関西学院大学(教育 教育-幼児教育)
出身校
兵庫県立伊丹高等学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 中山駅前教室

 私がフリーステップに入塾したのは3年の4月頃でした。それまで私は受験に対してぼんやりとしたイメージしか持っておらず、志望校も“ここに行けたらいいな!”くらいにしか考えていませんでした。しかし、入塾を決めた後、チーフと面談をした時に出された入試までの大まかなスケジュールを見て、入試までの日数と、自分がしなければいけない事の多さとのギャップに気づき、その日から受験というものに真剣に向き合うようになりました。毎日塾の自習室や図書館を利用し、周りが勉強をしている環境に身をおいて勉強に対するモチベーションを上げるようにしていました。また、塾にいる色々な先生方に教えてもらった勉強法も問題の解き方はすべて取り入れてみるようにしていました。実際、先生方が効果を感じた方法ばかりなので効率も良く、またたくさんの方法に取り組むことでマンネリ化せずに新鮮な気持ちで勉強することが出来たと思います。夏休みには基礎を固めることを徹底しました。私は受験に数学を使ったので、チーフと話し合い、夏までに入試によく出る単元の復習をひと通り自分で行い、その中で1人で進めるには難しいと感じた単元を授業で扱ってもらうことにしました。その結果苦手だった微分積分の範囲が、直前期には得点源に出来るほど得意になりました。また、英語や古典の単語テストも毎週行い、基礎を着実に丁寧に積み上げていったことが難しい問題を解く上で重要なポイントになったのではないかなと思います。入試が近くなってくると模試の結果や過去問の出来と、志望校の傾向とを比べて、自分に足りていない部分や強みになる部分を先生が分析して教えてくださいました。今自分がしなければならない事が明確になり、そこを徹底的に潰すことで目標に近づいている感覚が湧きました。私は最後まで第1志望はE判定で、学校の先生にもはっきり無理だと言われていましたが、チーフは最後まで背中を押してくれ、担当の先生方にもたくさんアドバイスや励ましの言葉をもらいました。過去問を解いていく中で、思うように得点がとれず周りと比べて落ち込むことも多々ありましたが、先生が「木村さんはこういう所が出来てるから自信もって大丈夫!」といつも褒めて励ましてくれたことが心の支えとなり、自信にも繋がりました。振り返ってみると、受験期を走りきれたことは、チーフや先生をはじめ、家族、友達など本当にたくさんの支えがあっての結果だったなと実感しています。周りに支えてもらった分、自分に自信をもって最後まで諦めずに頑張り抜くことが大切だと思います。

関西学院大学の合格体験記

中学校で見る 高校で見る 大学で見る