合格おめでとう!

大学受験合格体験記

名前
合格校
中央大学(文 人文社会-社会情報)
出身校
大阪学芸高等学校

私の合格ストーリー

 私は、高校3年生の春から受験勉強を始めました。私には、中学生の頃からマスコミ業界の仕事に就きたいという夢がありました。なので、高校1年生の頃から大学調べを入念にしていてずっと中央大学を目指してきました。初めて塾の面談に行った時に、「今から寝ずに勉強しても間に合うか分からない」と言われました。それでも私は、自分の夢のためにはやるしかないと思いました。そこで「報われるまで努力しよう、不合格になってしまってもやり切ったから後悔はないと思えるようにしよう」と決めました。それから毎日欠かさず勉強し、学習内容を記録して、自分に足らないところを見つけ出しました。それでも、そう簡単に結果はついてきませんでした、私は、学校の定期考査や成績はいつもよく出来ていると褒められていました。ですが、模試では最後の最後までE判定でした。頑張っているはずなのに、一向に上がらない自分の成績に嫌悪感を抱き、自己肯定感も日に日に下がっていきました。そんな時に、自分のモチベーションを保ち続けてくれたのが塾の先生方でした。私の可能性を最後まで信じ続けてくださり、「いけるよ、大丈夫」と言ってくださりました。授業では、解説だけでなく私の受験においての不安なことや分からないことまで親身に助けてくださりました。
 私1人では、絶対に合格できていませんでした。最後まで私を信じて応援してくださった塾や学校の先生方、そして何より一番近くで見守ってくれた家族がいてくれたからこそ合格できたと思います。大学受験を通して、最後まで諦めずに頑張った人が報われるんだと実感しました。人生でこれ以上にないほど勉強した受験を、最高な結果で終えることが出来たことは、私の誇りです。私の受験に関わってくださったすべての方々に、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました

【保護者からのメッセージ】
 大学受験は彼女も初めてですが、親としても初めてなので分からない事が多く、塾に通いたいと言われ悩みましたが、相談に行くと親身に話を聞いて頂き、東京の大学を受験したいと言うこちらの希望を受け入れて下さり、すぐに入塾しました。今から初めて間に合うか分からないけれど、中学生の時からの夢はぶれる事なくどうしても東京の大学へ行きたいと言う意思も固く、父親は反対していたので、賛成してもらえないまま勉強する姿を見ていると、私だけでも応援してあげたいと思いましたが、見守る事しか出来ませんでした。模試の成績はなかなか上がらずあっという間に入試本番。大阪の大学も合格、本命の東京の大学にも見事合格しました。最後まで彼女を応援して頂き信じて支えて頂いた教室のチーフや先生方の存在は彼女にとってとても心強い存在になっていたと思います。短い期間で合格へ導いて頂き感謝の言葉しか有りません。本当にありがとうございました。

合格者インタビュー

中学校で見る 高校で見る 大学で見る