合格おめでとう!

大学受験合格体験記

名前
合格校
滋賀大学(データサイエンス データサイエンス)
出身校
滋賀県立草津東高等学校

私の合格ストーリー

 僕は小学6年生のころからフリーステップに通っていました。受験期で最も感じたことは受験において勉強よりも大変なこと、考えなければならないことが山ほどあるということです。大学受験は高校受験に比べて将来のことをより明確に見据えなければならないという点や、併願校や推薦などたくさんの受験の形があるという点でわからないことが多かったです。その時にお世話になったのがチーフや先生方でした。受験を終えてみて受験がどのようなものであるかがよくわかりました。それを知っている大人を頼りにして相談するというのはとても大事なことだったなと思います。授業中でなくとも進路の相談やわからない問題の質問に対応してもらえたことで進路に対する不安も払拭されより勉強に集中して打ち込めました。
 僕は基本的に自習室には入らず授業ブースを借りたりソファー席で友達と勉強していました。そのおかげで友達と相談しながら勉強できてわからない問題を減らすこともできましたし、集中するときは自習室、疲れたらソファー席といった形でリフレッシュもできました。
 授業では自分がどんな勉強をしたいか、どんな範囲が弱いかを担当教師に伝えて自分に合った勉強を自分のペースで進められるという個別指導の強みを存分に利用することが重要であると思いました。塾や学校では使っていない先生が使っていた教材を教えてもらえることもあります。ただ勉強するだけでなく自分の能力と向き合って今何が足りないのかを考え、それから何をすればいいかはチーフや先生に相談して効率の良い適切な勉強をすることが重要だと思いました。

合格者インタビュー

中学校で見る 高校で見る 大学で見る