2023年度 合格体験記

合格者 喜びの声
2023年度 合格体験記

開成教育グループの生徒達から、
合格お祝いの笑顔とメッセージが届いています!

合格おめでとう!

合格校
立命館大学(文 人文-地域研究)
出身校
大阪府立槻の木高等学校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 茨木教室

 自分が受験勉強をしていた時に思うのは、他者の課題に踏み込みすぎていたということです。というのも受験後暇な時に、「嫌われる勇気」という本を読んだのですが、非常に面白く受験期の気持ちと結び付くなと思ったからです。この本はアドラーという人の心理学を分かりやすく紹介していて、数ある教えの中の1つに「我々は『これは誰の課題なのか?』という視点から、自分の課題と他者の課題とを分離していく必要がある」というものがあります。この教えの中での自分の課題とは自分の行きたい大学に合格するために勉強をすることです。他者の課題は他者、つまり親や塾の先生などがどのように子供を合格させるかです。冒頭で述べたように自分は他者の課題に踏み込みすぎていたように感じます。つまり親や塾の先生方の期待に応えることを意識しすぎていて本来の目的を忘れかけていたように感じます。ただただルーティンとしてこなしてやらされているという感覚の方が大きかったなとも思います。そこでこの本の中で紹介されているのが「課題の分離」という言葉です。あらゆる悩みは他者の課題に踏み込む、もしくは他者から自分の課題に踏み込まれることで引き起こされるので、他者の課題には踏み込まないということです。このことをもっと早く知っていたら、もっと自分の課題にだけ集中できていたのかなと思います。1番は自分の行きたい大学に合格することなので、そのことを忘れず頑張って欲しいです。そして、時間ができたときにはぜひこの本を読んでみてほしいなと思います。

立命館大学の合格体験記

中学校で見る 高校で見る 大学で見る